2018年12月1日土曜日

Road to Nowhere "PAS NORMAL STUDIOS"

こんばんは、高橋です。
この秋冬からムーブメントで取り扱いを始めた「PAS NORMAL STUDIOS」をご紹介したいと思います。
パスノーマルストゥディオス(以下PNS)は2014年にデンマーク・コペンハーゲンで始まった新鋭ブランドです。
機能面だけでなく、モダンかつシンプルなデザインを融合させたウェアは今確実に注目を集めています。
そのルックスはヨーロッパらしい雰囲気を纏いつつも多くを主張しないデザインなので、シリアスなライダーだけでなく、趣味としてのサイクリングを楽しむ人まで多くの人に受け入れられるウェアとなっています。
ウェアを選ぶ基準って人それぞれだと思うんですが、機能性やデザインなどで選ぶ人が多いのかなと思っています。
今これを読んでいる方々も"PNS"を普通のウェアブランドのひとつと認識している方がほとんどだと思います。

しかしながらPNSのことを深く知っていく程、彼らが見ているものは深く広いと感じさせるのです。

時にコンペティティブに。

時にカジュアルに。

もちろん寒い冬でもサイクリングが止まることはありません。

高い機能性はアドベンチャー用途でも不快感を与えず快適なライドに導いてくれます。
「サイクリング」を生活の中に溶け込ませている彼らだからこそのラインナップは魅力のひとつだと思います。

そして個人的に面白いなぁと思っているのが「INTERNATIONAL CYCLING CLUB」と明記しているところ。
ただの"ウェアブランド"といえばその通りなのですが、彼らはこの同じウェアを纏う人のことを仲間だと考えるわけです。同じようにサイクリングを楽しみ、同じ価値観を持って身だしなみを整える。

それを体現するようにPNSはグループライドを大切にしていて、世界各地でライドを行っています。まだ少ないですが、日本でもPNSのグループライドは行われていて、僕らの大阪でも少しずつ行っていけたらいいなと考えています。
SAUCE DEVELOPMENTのメンバーでありながら、普段はPNSのローカルアンバサダーを務める白石くん。
※表紙がリニューアルされたサイクルスポーツ2019年1月号内でモデルとしても登場しています。
ブランドの世界観に触発され、取り扱いを始めたこの秋冬物から僕もPNSのウェアを着ることにしてみました。
まだ数回しかライドできていませんが、取り急ぎ報告できることは「Heavy Jersey」の調子がめちゃくちゃいいです。
防風性があるウェアは基本的に生地が固くて動きにくいものが多いのですが、このジャージは伸縮性もあって普通のL/Sジャージのようでありながら暖かさもしっかりしていました。
Pas Normal Studios "Heavy Jersey (Navy)"
28,203円+税
裏面は起毛になっていて暖かい。

こちらは色違いのブラック。

Pas Normal Studios "Heavy Long Sleeve Base Layer"
12,037円+税

これからの季節に活躍しそうなのがこちらのベースレイヤー。

POLARTECファブリックを使用しているので保温性が非常に優れています。


冬の寒さが苦手な人は手放せなくなるインナーウェアだと思います。

まだ入荷数は少ないですが、ウェブショップでも販売を始めておりますのでぜひチェックしてください。
こちらから!→ Movement webshop「Pas Normal Studios
店頭にはまだウェブショップに反映していないものもございますので、ぜひ足を運んでいただければと思います。

2018年も残すところあと1ヶ月。新しい風が吹きはじめているような気がしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿