投稿

ENVE ALLOY DISC HUB ベアリング交換

お久しぶりです、タカハシです。 あっという間に今年も年末まであと1月ほどとなり、「あまりにも早すぎるっ!」と困惑しているところです。イベント参加がもっと増えれば濃い~日々を送れるのにな、なんて思っています。 「ブログ書くなら売れるモノを書け~~」という小言を言われながらも、今回もニッチすぎるメカニカルなお話です。何で書くかと言われれば、自分がもう一人いたら読みたいモノ(知りたいこと)は書いておかねばならないだろうという謎の使命感でしょうか。 今回はENVEのALLOY DISC HUBのベアリング交換です。 Front 38,280円 / Rear 54,780円 ※税込み,2021年時点 値段もCHRISKINGに迫るような良いお値段のハブですが、実際のところ負けないぐらいこだわって設計、製作されたハブだと思います。 ハブの設計やコンセプトの詳しいお話は ダイアテックさんのジャーナルサイト を是非お読みいただければと思います。 1.ホイール剛性の向上 (ホイールがブレーキパッドやフレームと接触しないこと) 2.ベアリング寿命と信頼性の向上 (わずかに乗っただけで、ベアリングの動きが悪くなった) 3.メンテナンス頻度の低減 (ハブの遊びを調整するツールが簡単に入手できないのは困る) 4.ノッチ数は多め (ペダルを漕いだらすぐにホイールにパワーを伝達させたい) そういった要望を元に生まれたのがENVEのオリジナルハブ。僕も1セット使っていますが、トラブル知らずで気に入っています。 メンテナンス頻度が少なく済むということはとても良いことです。しかしながら、耐久性よりも、中毒的な軽快さを求めてしまう自分たちのような存在もおります。 CERAMIC SPEED "HUB-KIT ENVE-5 COATED" 99,000円(税込) しばしば「スチール製ベアリングとセラミック製ベアリングとほとんど差はない」と言われていますが、"ほとんど"っていうのが肝だと思うところです。人によってはその差はどうでもいい些細な差、でも、いくらかはあるわけで。そのちょっとの差が大事だろ、チューニングは。1ワットでも抵抗を減らせるなら価値があるってもんです。 ENVE純正のベアリング。表と裏でシールの色が違っています。 NTN製で、スチールではなくステンレス

バイクロア 堺リバーサイドショー&キッズロア に行ってきました。

【堀のおしゃべりライド】Bike to Neighbor's TentSauna 逢山狭編

【11/13】臨時休業のお知らせです。

雨上がりやグラベルライドで活躍する"MUCKY NUTZ"のフェンダー

EXTARPROTON DISC-ROAD GRX 納車!

【PAS NORMAL STUDIOS】 期間限定POP-UP SHOP&ライドのお知らせ

【新入荷速報】ウィンドウショッピング的な~ 2021秋冬Part1

SAUCE CYCLE "THERMAL CARGO BIB SHORTS (BK/BK)"