2012年2月12日日曜日

BETWEEN YOU AND ME

Simworks by NITTO

「日本という国の中で、まだモノを作っていこうと考える人々がいる。」

このあいだのベータチタニウムしかり、
ケルビム、エクタープロトン、サンライズサイクルといった
ハンドメイドフレームしかり。

料理はレストランで食べるのもいいけれど、
自分たちで作った料理も格段においしいものだと思います。
そんな感じ。

Misirlou Bar
12,600yen

まさに「Sim」といったハンドルバー。
常識的、いわゆる普通のハンドルバーはサイズが決まりきっています。
38cm、40cm、42cm、44cm (C-C)
だいたいのメーカーがその範囲でハンドルを作っています。
このハンドルを作っている大元のNITTOもそのひとつ。

Sim-worksさんの熱烈な要望によって
ついにNITTOが応え、実現したハンドル。

37cm、39cm、41cm、43cm (C-C)

上ハンドルも下ハンドルも持ちやすく、
ブラケットは好きな位置につけても自然に馴染む形状。

NITTOらしいしっかりとしたフィーリングのハンドルです。

写真では付いていませんが、
シクロクロスで使うなら合わせてこれも使いたい。
Dirty Rhonda Stem (BLK)
12,075yen

カンチブレーキをより使いやすくするため、
思い切って真ん中にワイヤーの通り道を作ってしまったステム。

明らかに良くなるワイヤーの取りまわし。
シクロクロスバイクやツーリングバイクを組むのなら選択肢に入れてみては?
豪快かつシンプルに。

* * *


チャリはチャリだけれど、チャリは最高の乗り物のひとつ。
チャリにも人生にもバックギアは無い。

前進あるのみです。

(固定ギアでのバックは除くw)

0 件のコメント:

コメントを投稿