2011年11月7日月曜日

サイクルモード vol.4

サイクルモード2012
「ハンドメイドの魔術師」

その筆頭でもあるCHERUBIM。
いざ、
SHOWTIME!!
Air Line
これは2011NAHBSに出展されたSHOWモデルです。
なかなか実車をみれる機会はありません。
フォークから直接生えているハンドル。
どんな乗り味なのか、それを知っている人間は限りなく少ない。

STICKY
スティッキーは通常ラインナップのひとつ。
"普通のクロモリ"よりも更に細いパイプを使用しているのが特徴的です。
細さから生まれるしなやかさ、そしてバネ感。
1秒を争う競技的な自転車とは違う楽しさが詰まっています。

このカンパのホイールはちょっと懐かしい(^^;)

TimeTrial
新しく生み出されたAirLineに続くSHOWモデル。
細身で一見普通ですが、実はヘンテコ満載でした。

見た目の美しさ、空力を考慮してワイヤーはフレームに内蔵されます。

それくらいどこもやってるわ
という声も聞こえてきそうですが、まだ続きます。
ブレーキが見当たらないぞう・・・。
そう、フォークの中に隠れています。
ワイヤーがフォークに突き刺さってるのが見えるのが証拠です。

クロモリフレームの美しさを失わせることなく、造形されています。

オリジナルヘッドチューブの裏側は、
より整流効果を高めるようなリブが設けられています。

全てがエロ過ぎるシートチューブ周辺。

後ろから見ると、ここにもリブが。
そしてブレーキは見当たらない。
タイヤ、ホイールとのクリアランスがギリギリ過ぎます。笑

ブレーキ「おーい、ここだ!俺はここにいる!」
そう言わんばかりの位置に取り付けられたブレーキ。
BB下に取り付けた方が空力は良いみたいです。
あとは見た目もスッキリしますね。

しかし、よく見て欲しい。
クランクが直接フレームに装着されております。
これもカーボンフレームでかなりシェアを増やしている
「BB内蔵式」です。
これには驚かされました!
※もっとわかりやすい前からの写真を忘れてしまいました、すいません(^^;)

コリマのウイニウムMCCを入れているのもニクイ。

ドーン。
さらにハンドルはこんな状態。

またおもしろい1台が生まれました。
バリエーションに富んだクロモリフレームを、そして楽しさを提供してくれる。
その筆頭はやはりCHERUBIMなのかもしれません。

生みの親である今野真一氏の創造は続く・・・

2 件のコメント:

  1. 予約する!?

    返信削除
  2. ケルビムのオーダー、結構頂いております。
    完成までお時間は頂きますが、ご満足いただける自転車ができあがると思います(^^)

    返信削除