2018年2月1日木曜日

GORE WEAR FALL/WINTER 2018 Part1 GORE-TEX®偏

昨日は、休みを利用して主にドイツのサイクル/アウトド アブランドを扱うPRインターナショナルさんへ行って参りました。
お目当ては、GORE-TEX®でおなじみのGORE社が開発するウェアブランド"GORE WEAR(ゴアウェア)"  最近ブランド名を "GORE BIKEWEAR" から変更されました。


カンチェラーラ氏をブランドアドバイザーに向かえ入れブランド名の変更もあり、勢いを感じつつ 「なんか今期良さそう」と勝手な予想で見に行ったのでした。
また、今年はMTBを積極的に乗りたいのでMTB用のウエアも探したいとうのもありました。

結果から言うと勘は当たりました。
めちゃいいです。個人的な感想ですがデザインも良くなっってます。

いろいろ一新され、カテゴリーも分りやすくなりました。


ちなにみPRインターナショナルさんの取り扱いはサイクル用のみで、ラン用は取り扱っておりませんが取扱いアイテムに中にはサイクルとランのどちらでも使えるようなものもございました。

GORE-TEX®やWINDSTOPPER® などの素材を使ったサイクルウェアがあたり前になってきましたが、最近では濡れても保温性があるPrimaLoft®やPolartec®のフリースを使用したウェアも見るようになってきました。"GORE WEAR"も同じくそんなハイテク素材を使ってどんな環境でも快適にサイクルライフを楽しめるようなウェアを開発してくれました。

今回はGORE-TEX®を使ったアイテムを中心にご紹介していきます。

カテゴリー:C3 GORE-TEX® PACLITE® HOODED JACKET 28,000円+税
表地とGORE-TEX®メンブレンの2層+裏地コーティングの構造。ポケットは胸のみで軽量なモデルです。軽量で動きやすくパッカブル構造をもっているので雨具などとして持ち歩いても負担が少ないです。デメリットとしてはコーティングのみのため肌触りと透湿性は落ちます。肌触りに関してはジャケットの下が長袖の場合などは気にならないかと思います。お求め安い価格も魅力です。
写真はサンプルでオールブルーですが、胸から上袖の1部がブラックになります。そのほかにオールブラック、ネオン、レッドと4色展開。


カテゴリー:C5 GORE-TEX® ACTIVE TRAIL HOODED JACKET 37,000円+税
表地+GORE-TEX®メンブレン+丸編みニットの3層構造。軽量で優れた透湿性が特徴です。よりアクティブに活動する方はこちらでしょう。写真のカラーと、ブルー系の2色展開です。


カテゴリー:C5 GORE-TEX® ACTIVE HOODED JACKET 35,000円+税
こちらはGORE-TEX® ACTIVE TRAIL HOODED JACKETと同じく3層構造ですが、Lサイズで200gと軽量でサイクリングだけでなくランなどにも最適なモデルです。ポケッタブルで携帯性にも優れています。都会的なデザインも良いですね。


カテゴリー:C7 GORE-TEX®SHAKEDRY™ JACKET 3,7000円+税
GORE-TEX®SHAKEDRY™は、たしか濡れても振ったら水滴が落ちて乾くそんな意味合いからついた名称だったと思います。表地を無くすという画期的なデザインを採用したジャケットです。
表地はGORE-TEX®を守る反面、汚れにより撥水性や通気性の衰えが生じます。GORE-TEX®SHAKEDRY™は、GORE-TEX® プロダクトの中でもっとも軽量かつ、もっとも高い透湿性を有しており、防水性と防風性を備えたコンパクトな構造で、幅広い天候条件で快適な着心地を提供します。表地が無いのでバックパックは使用不可。最軽量モデル、自転車でのトレーニングに最適です。


カテゴリー:C5 GORE-TEX®SHAKEDRY™ 1985 JACKET 41,000円+税
基本性能は同じですが、上のGORE-TEX®SHAKEDRY™ JACKETのフィット感を変えてもう少し着やすくした感じにしたモデルです。首元もジップでしっかり止める事ができます。このほかにブラック&ネオンがあります。


女性モデル 39,500円+税


カテゴリー:C5 GORE-TEX®SHAKEDRY™ 1985 INSULATED JACKET 48,000円+税


GORE-TEX®SHAKEDRY™に中綿としてPolatec®Alpha®を搭載した保温性の高いモデルです。
もうワケわからないですね(汗)でもギア好きとしては特殊素材の特徴を見るの好きなんで楽しいです。防風で防水で1番透湿性が良いSHAKEDRY™に保温をプラスするなんて最強じゃないでしょうか?ベースレイヤーとこれ1枚でどこでもいけそうです。

GORE-TEX®SHAKEDRY™シリーズは、軽量で高強度に適している反面擦れに弱いのでMTBには向きません。ロード用としてお考え下さい。
MTBに使うならGORE-TEX® PACLITE® HOODED JACKETか、GORE-TEX® ACTIVE TRAIL HOODED JACKETがお勧めです。

他にも魅力的なアイテムがありましたのでPart2に続きます。

※ 2018 FALL/WINTER モデルの受注は9日(金)までとなっております。9月から順次入荷する予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿