2018年3月11日日曜日

BREEZER "RADAR CAFE"

巷で徐々に知名度が広がってきている「BREEZER」。
オフロードバイクからコミューターバイクまで多くのラインナップがあり、僕らが今注目しているツーリング系にも向いたラインナップが非常に魅力的です。
本日紹介するのはRADARシリーズの末弟「RADAR CAFE」です。
INVERSION(インヴァージョン)、DOPPLER(ドップラー)、RADAR(レーダー)という三種類のバイクを端的に表現したナイスなムービーです。
ちょこちょこ登場する創始者ジョー・ブリーズ氏がとてもチャーミングで面白いですね。笑


RADARはモンスタークロスに近いスタイルで、最大29x2.1インチのタイヤを取り付けることができるフレームになっています。

この"RADAR CAFE"はKENDAのSMALL BLOCK EIGHTの1.9インチです。
低めノブなので舗装路から芝生、そこそこのダートと場所は選びません!
フォークもクロモリフォークでダボ穴を豊富に備えています。
実は「RADAR CAFE」はドロップハンドルの「RADAR EXPERT」と全く同じフレームです。カラーリングの違いとパーツアッセンブルの違いで用途を住み分けています。

"CAFE"というモデル名に似合うようにハンドルはSweeper Style。
ギアはシンプルにフロントシングルギア。
チェーンの外れにくいナローワイドリングに、チェーンキーパーも付けてあるので実用面でトラブルは少ない仕様になっています。
リアディレイラーはDEORE。MTB用のRDを使用することでワイドギアに対応でき、チェーンテンションもしっかりしているのでフロントシングルでもチェーンは外れにくいようになっています。
フロントシングルでも走る場所を選ばないワイドなギア比。最近の流れですね。
ダウンチューブ下にもボトルケージ台座が標準装備。
BREEZER BIKE 「RADAR CAFE
完成車 95,000円+税

フレームは他のRADARシリーズと同じなので、後に組み替えてツーリングバイクにカスタムしていく懐の深さ。10万を下回る価格で油圧ディスクブレーキを採用し、全体的にリアルな使いやすさを重視したパーツセレクト。

これは間違いなくナイスバイク。良いですね。
普段用に欲しくなる1台です。

- - - - -
RADAR CAFE、45cmのサイズが入荷してきました。
他にもRADAR PROのフレームセット(58,000円)も入荷しています。
ジオメトリーが少し特殊な部分もあるので、是非実物でチェックしに来て下さい。

写真は先日納車させて頂いた51cmのサイズです。ありがとうございました!


これまでのBREEZERのブログはこちらより。

0 件のコメント:

コメントを投稿