2018年3月25日日曜日

BREEZER "INVERSION PRO"


BREEZERが気になっている人も多いと思います。
今日はブリーザーのアドベンチャー系ラインナップの中で最も軽快さを追求した「INVERSION」シリーズの紹介です。
BREEZER "INVERSION PRO"
完成車 258,000円+税
サイズ:45cm, 48cm, 51cm, 54cm
カラー:Gloss Gray / Charcoal and Yellow
コンポーネント:シマノ105 (5800)

INVERSION PROの詳しい紹介は以前のブログも参照下さい。

このフレームのために企画、製造されたD'fusionスチールチューブをつかい、軽量さと反応性の良さを両立した"走り"に重点を置いたモデルになっています。
ロードバイクの延長線上にあるこのモデルは、舗装路の多い日本というフィールドにはとてもマッチしているように思います。

今回ご紹介するインヴァージョンPROは完成車から少しパーツをカスタムしての納車となりました。それではご紹介していきたいと思います!
フロントディレイラーは取り外して、チェーンリングはWOLFTOOTHに変更。チェーンリングの重量もそこそこ重かったのでかなり軽量化できました。

リアのスプロケットのワイド化により、ロードバイクでもフロントのシングル化する例も出てきています。
興味がある方はこの辺もチェックしてみて下さい。
シートポストはTHOMSONのELITEセットバックに。

軽さ、調整のしやすさ、ズレるなどのトラブルの少なさ。ムーブメントで一番人気のシートポストだと思います。
タイヤはGRAND BOIS(グランボア)のシプレ30cというチョイス。

cypresは700x30cという絶妙なサイズのスリックタイヤですね。他のメーカーでこの太さのタイヤは中々見当たりません。
28cではちょっと細いし、32cでは舗装路で少しモタつきが気になる。それらの中間地点に収まる「30c」というサイズ感がすごく良い感じでした!
タイヤのサイドがアメ色なところも雰囲気があって良いですね。
タイヤの雰囲気に合わせるようにバーテープもコルク調のものに。
ヘッド周りは遊び心満載で。
サイクルコンピューターXplova X5、NINERの王冠トップキャップ、AGHARTAのフードポーチなど男心満載です。
インテグラルヘッドチューブ。
INVERSIONはカーボンフォークを採用しています。実際に使っていて安定感もある良いフォークだと感じています。
ちなみに僕のINVERSIONはダボ穴を利用して、tubusのTARAを取り付けしました。 

バイクに荷物を積んだりする場合、更にブレーキ性能が大事になってきます。
セミ油圧のTRP HY/RDが最初から搭載されているので、完成車でも制動力には安心感がありますね。
これは間違いなく楽しめる1台だと思います!
ご注文ありがとうございました!!

他のBREEZER紹介ブログはこちらより。

0 件のコメント:

コメントを投稿