2018年5月10日木曜日

GORE WEAR "ACTIVE HOODED JACKET"

こんばんは、高橋です。
ゴールデンウィークも終わり5月が進んでいくと待ち構えるのは、、梅雨!!
せっかく気持ちの良いシーズンと思いきや雨の避けきれないシーズンがやってきます。
Ritsuo 高橋 真吾さん(@ritsuobook)がシェアした投稿 -
冬の雨は寒さも相まって生死に関わるものがありますが、梅雨時期の気温は着替えさえあれば問題ありません。
でもやっぱり濡れながら走るのは体感的に負担を感じる部分でもあるので、日々の使用からキャンプツーリングにも役立つであろう「GORE-TEX」のジャケットを個人的に購入したのでした。
GORE WEAR "C5 GORE-TEX ACTIVE HOODED JACKET"
33,000円+税

サイズ:S,M,L,XL
カラー:全1色 (テラグレイ)
フィット:スリムフィット

【説明】
サイズ S,M,L,XL
カラー:全1色 テラグレイ
スリムフィット
メーカーの画像と実物とで色味が豪快に違っているので写真からご確認下さい。

【商品説明】
裏地に丸編みのニットを使い、透湿性と肌触りの良さを向上したC-KNIT™バッカーテクノロジーを採用したポケッタブルジャケット。3層構造のGORE-TEX®プロダクトの中で最も軽量で滑りも良いため快適な着心地です。リフレクターが随所に取り入れられ、視認性にも優れたデザインです。
ウェア全体が表地、GORE-TEXメンブレン、丸編みニットの3層構造になっています。
肌に接する部分が丸編みのニットとなっているのですが、非常に細かく、そして薄いものになっていて肌触りはベタつかずさらっとした着心地でした。
ジャケットが届いてからいきなり雨に降られるという狙われたようなタイミングだったので早くも出番が来ています。

レインジャケットといえば内部の汗などもあって、ウェアがベタッと肌にくっついて不快この上ないのですが、通勤の30分程度のライドではさらりとした肌触りがキープされていたので、やはり本気のマテリアルを使用して作られたウェアは一枚上手だなと感じました。
ジャケットと一緒にWINDSTOPPERのショーツ(ハーフパンツ)も買いました。

GORE WEAR "C7 WINDSTOPPER RESCUE SHORTS"
13,000円+税

超軽量で簡単にパッキングできるWINDSTOPPER生地を使用したショートパンツです。
撥水生地といえばゴアテックスが有名ですが、ウィンドストッパー生地も撥水性を持った生地なのでこちらを選びました。

防寒だけでなく、トラブルによって輪行しなければならなくなった時などにも役立ちます。
レスキューシリーズといって緊急的な活躍をしてくれるウェアですが、お尻の部分はサイクリング用ウェアだけあってしっかりと強めの生地になっていて耐久性も確保されています。
実際に使ってみた感想ですが、水はねによってお尻が濡れる不快感もなく、撥水するおかげで砂などの汚れもほとんど付くことがありませんでした。

かなり奮発しましたが納得の性能に満足です。
個人的な買い物だったので在庫はしておりませんが、メーカー在庫は少し用意がありそうなので手配することは可能です。私物ではありますが実物を見ていただくこともできますのでお気軽にご相談下さい!

--
過去のGORE WEAR紹介

0 件のコメント:

コメントを投稿