2018年5月29日火曜日

バイクロアというコミューン

こんばんは、高橋です。
週末に行ってきた「白州の森バイクロア4」について昨日はホリさんがブログアップしてくれました。
秋ヶ瀬には行ったことがあったのですが、僕自身は白州バイクロアに参加するのが初めてだったので連日になりますが書いておきたいと思います。

HAKUSHU BIKELORE4 from Toshiki Sato on Vimeo.

大人たちの自転車のレースだけでなく、キッズレースやキャンプ、ミュージックイベント、屋外サウナ、メーカーブース、飲食、たくさんのコンテンツが詰め込まれたバイクロアというイベントがこの3分半の動画にうまく詰め込まれているように思います。

毎年ホリさんは何レースかエントリーして楽しんでいたそうですが、あれもこれも楽しんでいると時間がせわしないということで今回はエントリーなし。
レース以外のコンテンツをゆっくり楽しみたいな~ということで自転車屋にも関わらず「自転車を持っていかない」というまさかの選択を選びました。笑

大阪からはさすがに距離があるので移動も一苦労です。今回は「ゆっくり」という雰囲気を大事に、土曜日の昼を過ぎてからゆるりと到着。
明るいうちにテントやバーベキューのための準備をサクサクと進めていきます。







僕らの周りでもちょっとしたキャンプブームが来ているのでそれぞれ異なるこだわりのテントが面白いです。値段もピンキリだし、一人用だったり二人で寝れるタイプだったり様々です。バイクツーリングで使うことを想定したメンバーだったので、基本的には小型のタイプでした。

ちなみに白州といえばウイスキー。
聞いた話ですが人気がありすぎて生産が追い付いていないとのことで、近場のお店では1本の白州を見かけることがありませんでした!ということで、こちらも地元の「七賢」をチョイス。おいしくてすぐ無くなってしまいました。笑

テントやバーベキューの準備をしてレースの応援や会場で会った知り合いと談笑していると時間はあっという間に過ぎ、徐々に暗くなっていきました。

暗くなってきて感じたのは人の多さ。
いつも行っているロードレースの会場とはまったくの別世界。
血気盛んな雰囲気は微塵もなく、にこやかな人たち。女性も子供も多くて和やかな雰囲気で溢れていました。


キャンプの目的は人里から離れて自然を楽しむという人は少なくないと思います。僕もソロキャンプに行くのはそれが理由。
人がたくさん密集しているのでどうだろうなぁという先入観はありましたが、このバイクロアに行って感じたことは「不思議と不快感はない」ということでした。

会場内をぶらついているとどこのグループもすごく楽しそう。知らない人やグループでもつい喋りかけてしまいそうな雰囲気。
来ている人らはソロキャンプに来ているわけじゃなく「みんなでワイワイしに来ている」という根源的な部分で同じ気持ちを持っているのかなと。
根源的な気持ちが同じ人らの集まりなので自然と雰囲気にまとまりがあって、同じ気持ちなのでそれぞれに不快感を与えない。




日常を離れ、仕事や日頃のストレスから解放された夜。みんな自然と良い顔になっていました。

寝る人が出てくる頃にトイレまでふらりと歩きながら、これは"イベント"ではなく「バイクロアというコミューン」なのかなとぼんやり思ったのでした。

まずは朝から楽しむのは「テントサウナパーティー」!!
Bike2saunaでもお世話になっている、今すごく注目されている屋外サウナ。
バイクロアの会場である"白州尾白の森名水公園べるが"、なんて水が綺麗なんだ!!

TENT SAUNA PARTYのムービーもすごく良い感じです。

サウナの質は水風呂で決まる、と言われるほど重要な冷却のための「水」。
この水の綺麗さに加え良い具合に冷えた水温、雨の予報を覆した気持ちのいい晴れ具合。チープな表現だけど、誰が見ても完璧すぎるコンディション!



なんて平和なイベントなんだろう。
バイクロアではレースをやってはいるけれど、いつも僕が参加しているレースとは全く違って順位すら気にしていない人も多い。
ストイックなのも楽しいけど、たまにはこういうのも良いかもね。

0 件のコメント:

コメントを投稿