2013年1月24日木曜日

日本特殊螺旋工業

「ベータチタニウム」の自転車用ボルト。

ちょうど一年ほど前から販売を始めましたが、
ムーブメントと二人三脚で製品開発と製造に取り組んでいます。
DURA-ACE7900にボルトを組み込んでカスタムしたもの。

昨年末のオーバーホール前の状態です。
雨の日も走っているので、かなり汚いですね。

分解しましょう。

せっかくのベアリングがこの状態では動きも悪くなってしまいます。

オーバーホールして"見た目"も"動き"も良くなりました!

お次は以前ご依頼頂いたBR-7800のカスタムです。 
こちらも中々使い込まれた逸品です。

綺麗にして、潤滑して新しくボルトを組み込んでいきます。

美しいですね。

既にYUMEYAチューンされているものを更にカスタムしました。

夢屋とのコラボですね。

性能としては7900で前後合わせて11gの軽量化。
7800は前後で17gほどの軽量化になっています。

気になるお値段リスト。
・メインピボットボルトF 5,250円

・メインピボットボルトR 4,725円

・サイドピボットボルト 2,625円 x2

(・シュー用ボルト 1,575円 x4)

(・シュー用ナット 1,260円 x4)

・アジャスター部分ボルト 840円 x2

・ワイヤー止め板 1,785円 x2

(・ブレーキナット 1,050円~3,360円 x2)

今回使用しなかった部分は括弧で表記させて頂きました。
ブレーキオーバーホール代3,000円(片側)と
陽極酸化マジョーラブルー210円(1本)も合わせてのご依頼です。

エルゴパワー、STIにもインストールできたりします。

シートポストも・・・

ご覧のとおり!


当然軽くなります。
財布の中身はもっと軽くなります(^^;)

SCOTTのフォイルも

この通り。

ハードに乗る人ほどボルトの錆びや腐食を避けることが難しい。
でもチタンなら避けることが可能です。

バイクを細部まで美しく仕上げるのにこれほど適したものはありません。

チタンにも純チタンや3AL2.5V、6AL4V等種類があります。
そこらへんの話はまたそのうち。

0 件のコメント:

コメントを投稿