2017年6月26日月曜日

関西トラックフェスタ

こんにちは、高橋です。6/25日曜日はホリさんにお店を任せて「関西トラックフェスタ」に参加してきました。
トラックフェスタ、会場は"競輪場"。ロードバイクに乗っていたら1度は言われたことのある「ケイリン選手?」という質問。その本物の選手たちが走っているバンクを走ることのできる貴重なイベントです。

この細足なので超平坦のバンクには縁がないと思ってましたが、色々な面で"機が熟した"という感じでしょうか。子供や女性、初心者でも参加できるバンク(競輪場)イベントである「関西トラックフェスタ」が盛り上がってきているので常々参加したいなと思っていて、ようやくその機会がやってきたのでした。
僕が紹介するとどうしても競技感が出てしまうので、まずはMASHのムービーを紹介しておきます。

MASHのメンバーはロードバイクも居ますがそのほとんどはトラックバイク(シングルスピード、ピストバイク、フィクシーなど色々な呼び名あり)です。

彼らはほとんどシングルギアのバイクに乗っていますがスタイルは様々で、好みや性格というか、ライフスタイルまで現れているような気がしてきます。それと同時に彼らはシングルスピードバイクの可能性を最大限に示してくれている気がします。
そして、イベントに出るなら少しでも速く走りたいのが僕の性分。
クロモリ?カーボン?フレームからめっちゃ迷いますよね。その迷ってる間が1番楽しい時間なんですけどね!

迷った中で僕の答えは"アルミ"でした。
BOMBTRACK "SCRIPT" 7005aluminum
完成車価格 165,000円+税

バイクの詳細はコチラ。(※日本サイトでのジオメトリーが間違っている様子なので正式なものは本国サイトをご確認下さい。
本国サイトもカッコイイバイクがたくさん乗っているので是非チェック。
というわけで、このボムトラックのスクリプトに興味を持った僕は輸入代理店に相談(懇願)して試乗向けの車両を貸して頂けることになりました。(7月のトラックフェスタまで)

今までクロモリ、アルミ、カーボン、チタンと様々なフレームに乗ってきましたが、短距離ならば軽いことと硬いことがとても大事。ダッシュ力だけならアルミフレームが1番優れているのではないかなと思っているので、時間も短いトラックならアルミが良いだろうという結論でした。

先日、代理店のyoshi氏も同じバイクでトラックイベントに参加されたそうで、「ギア比が軽すぎて失敗した!」とのアドバイスを頂いたので、普段のロードレースでのスピードとギア比をチェックしながらパーツを換えつつ、ホイールも軽いものにしました。
レース前にブレーキも外して7.5kg程度になりました。
今回は関西トラックフェスタでも初めての会場である「和歌山競輪場」でした。
普段は本当の競輪が行われているだけあり、検車場やウォーミングアップ用のローラー部屋など、普段入ることのない場所に入れるのは少し楽しくなりました。
短時間のレースなのでウォーミングアップをしっかりするのが大切です。ということで僕も三本ローラーで一汗かいてからレースに臨みました。
バンクでのレースは初めてだったので、ロードに近い「スクラッチ」を中心に参加してみました。
スクラッチは8km(20周)のレースで、シンプルにゴールの着順で順位になります。クリテリウムと同じですね。

当日は雨模様だったので路面がウェット。バンクは路面が綺麗なので空気をパンパンに入れて走るんですが、試走で斜面を走るとタイヤから滑る直前のグリップ音がしてきたのでとてもビビりました。笑
ウェットな路面によって普段よりグリップ感が弱まっていたので、空気圧はちょっと下げて挑みました。速さよりもまずは転ばないことが大事!

右肘で合図を出すけど追い越しは内側からというバンク特有の流れを始めて体験したり、バンク特有のスピード感はなかなか楽しかったです。
更に回数を重ねればコース上をもっと自由に立ち回れて楽しいんだろうなと思いました。
今回はバンクの上の方は走らずレースを終えました。笑

T1のスクラッチで1-2-3位を独占してた関西大学のメンバー。若いって素晴らしい。というか高校生や大学生はバンクを走り慣れているからその姿がカッコ良かったり。彼らのレースを見ながら、少しでも自分のレースの走りをイメージして自分の番を待ちました。
僕はスクラッチのT2カテゴリーに出ました。カテゴリーは上からT1とT2があります。T3という初心者向けカテゴリーもあるので、初めてはそのカテゴリーが良いでしょう。
※Tはトラック、Rはロードのカテゴリーになっています。

レースは序盤から落ち着いていたので単独で飛び出してみたり結構活発に動いていきました。レース前は後ろで様子を見ながら休んで行こうとか考えていたんですが、距離が短いためかローテーションの頻度が思ったより早かったので前に出るシーンがたくさんありました。

強烈なアタックは無かったのでゴール勝負になると踏み、終盤に備えて周回をこなし、最後2周に入ってから自分が先頭に回ってくるローテーションのタイミングでアタック。
集団を引き離して鐘を聞きながらラスト1周へと入っていきます。
後ろはそこまで差が詰まってこない様子で逃げ切りが濃厚でしたが、最後のコーナーを曲がり終えるところで1名に追いつかれてしまって残念ながら2位でゴール。
ちなみに1位になったのは以前ロードでJPTを走っていたHさんでした。最後の追い込みは流石。デビューを優勝で飾れなかったのが残念でしたが、トラックでもロード並みには走れるのかなと少し勇気が持てました。(なんといっても平坦レースはパワーが無いので怖い)

スクラッチのあと、午後から1kmのタイムトライアルをやりましたが、スタートは上手くできない上にタイムは1分21秒と凡々。ここはやっぱり地力の弱さがありますね。非常に辛いのでバンク初挑戦の人は是非エントリーを。
(T1、T2は1km。T3は500mになっています。)

* - * - * - * - * - *
ということで、7月22-23日に行われる関西トラックフェスタ(岸和田競輪場)にホリさんも連れて参加したいと思います!なので、一緒に参加される方を募集します。
参加者に合わせて土曜か日曜のどちらかに参加したいと考えています。

【カテゴリー】
・ピストバイク
T1、T2
T3(初級)
TM(45歳以上男女)
TL(女性)

・ロードバイク
R1
R2(初級)
RL(女性)
U15、U12

【種目】
1km タイムトライアル (400mバンクを2.5周走るタイム計測)
ケイリン (5周で争うレース。スタート2.5周まで先導車あり)
スクラッチ (20周8kmで争うレース。)
ポイントレース (特定の周回で与えられる着順でポイントを獲得していくレース)
エリミネーション (毎周回、1番後ろの選手が降ろされて残った人が勝ちのレース)
他省略!僕が今回出たレースを太文字にしてみました。
上で(初級)と書いてあるカテゴリーは距離が短くなったりします。

次回、僕はスクラッチとエリミネーションを走りたいな~と思ってます。
大人も子供もお姉さんも楽しめると思いますがどうでしょう。笑

0 件のコメント:

コメントを投稿