2015年8月17日月曜日

盆トリップ

自営業でありながら、みんな遊びに行って暇だろうと一般企業ばりにお盆休みを頂きました。
昨日から通常営業を再開しましたが店内も賑わい、
お店を開けていた方が良かったのでは・・・と思いました。
みなさんすみません、ご理解いただきありがとうございます。

という訳でこのお盆は徳島に行ってまいりました。
徳島は、仲良くさせてもらっているシオカゼストアがあったり、
常連さんの彼女が住んでいたり、そしてこちらも仲良くさせてもらっている
KINFOLKのヨッシャンの故郷でもあり、何かと縁があります。

今回の目的はズバリ"阿波おどり"
去年のこの時期はインスタグラムが阿波おどりで埋め尽くされ(言いすぎ)、
実際に見て、できれば一緒に踊りたいという思いで1年待ったようなものでした。

NORTH STのWoodward Backpack ラージは、2泊3日の旅も余裕の容量、
オルトリーブのウルトラライトドライバッグは仕分けに便利、
BAILEYWORKSのサコッシュは財布や鍵やよく使う小物を入れておけば移動に便利です。
※MOVEMENTで取り扱っております。

早速よっしゃんに相談するとお盆は徳島に帰るから
一緒に乗ってきな、宿も実家に泊めてあげる。と、持つべきものは友!
あつかましく妻と一緒にお世話になる事にしました。

シャカリキ京都のオグーさんと舞子で合流し、車内は軽快なトークでもりあがる。
あっという間に徳島到着、まずはシオカゼストアへ!
SIMWORKSクルーのリエボーとモンジャは、阿波踊り&サーフィントリップに来ておりました。
向こうで会えればと言っていたら、まさかこんな序盤で会うとは(笑)
シオカゼのフルちゃん、ゴリ、お邪魔しました。

小腹がへったのでシオカゼストア近くの徳島ラーメンへ、うん甘辛い。
そんなにお腹は減ってなかったけどおいしくてぺロリといけちゃいました。
さすが地元のヨッシャンのアテンド、僕らだったら素通りしそうな店構えでしたがおいしく頂けました。

こちらもヨッシャンのアテンドで寄った自家焙煎のコーヒーショップ。
ヨッシャン曰く自分のラテの概念を覆されたラテとの事。
ハードル上げてんじゃない?それならとみんなラテをオーダーしました。
ハードルが上がっていましがとってもおいしいラテで癒されました。

そして念願の阿波おどり!


この2拍子の生演奏と独特のおどりと人の数で不思議な空間です。
無意識に「やっとさ~!やっとやっと~!」と口ずさんでしまいます。
大興奮!

-これにて1日目終了-


2日目の朝、吉田家の朝食を頂く。
お庭で採れた新鮮な野菜で作って頂いた朝食は元気がみなぎるおいしさ。
お母様ホントに感謝です!!ご馳走様でした!

そして、“日本一の清流”と言われる穴吹川へ
水がきれいでエメラルドグリーン、川の音をBGMにして昼寝は最高でした。
じつは、ヨッシャンも行った事が無かったらしいでです。
その後、ブルーヴィラあなぶきという温泉もある宿泊施設で温泉でサウナ2ターンを決めました。
夜は、鳥ぼんと言う焼き鳥屋さんへ、ここは徳島の地鶏”阿波尾鶏(あわおどり)”を
堪能する事ができます。この祭り期間でしたが奇跡的に当日予約できました。
絶品です。

-2日目終了-


3日目の朝、今日も吉田家の元気朝食を頂き、
RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Storeへ。

RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Storeは、
過剰な梱包や包装を減らし、リサイクル品を利用したり、
ビールなどは持ってきた容器に入れて測り売りで販売するなど、
オーガニックライフを提案する場所でもあります。
店内もリサイクルの棚を利用したレイアウト。
イスなどもリサイクルの様で揃ってないですね。

残念ながら僕達2人は下戸なので、自家製ジンジャーエールを頂きました。
スパイシーでおいしかったです。女性人はお酒が大好きなので満足して頂けた様です。

RISE & WINを後にして、少し行けば月ケ谷温泉があります。
そこは、オートキャンプ場にバンガロー、宿もあり、スタイルにあった遊びができます。

川の音BGMは眠気を誘います。

とうとう徳島を去る時間が迫ってきました。
最後に徳島ラーメンで〆させていただきました。
さよなら徳島、また行く徳島。

今回の旅は、車の運転からアテンドまでしてもらったよっしゃんに大感謝です。
ありがとう!
僕はほんとに何もせずただただ楽しんだだけ、至れり尽くせりの3日間でした。

徳島は大阪からだと、南海難波駅〜徳島港までなんと片道2000円で行く事ができます。
輪行して徳島ライドも簡単にできます。
いつかシオカゼストアクルーとライドをしようと企んでおりますのでまたその時は報告いたします。
(こそっと行くかも)

旅のメモ

0 件のコメント:

コメントを投稿