2013年7月5日金曜日

保冷ボトル

夏の炎天下、自転車に乗らずとも
外に出ただけで汗が噴き出します。

運動しようものなら、しっかりと水分補給をしなければ
すぐ熱中症になってもおかしくありません。

とりあえず水さえ飲んでいれば倒れることには繋がらないですが・・・
ちょっとでも冷たいドリンクの方が
身体が冷却されて気分も楽にしてくれますね!
おなじみPOLARボトル、取り扱いございます。

気温が30度を超えてくると、
通常のボトルがお湯になるまでにかかる時間はおよそ15分。
このボトルなら30分くらいはほんのり冷たさが残ります。
こちらも人気のCAMELBAKの保冷タイプ。
こちらも保冷能力はPOLARと近いレベルですが、
キャップの部分が人気のひとつですね。

そしてイチオシはコレです。
ELITE 「NANOGELITE

500mlで2500円、650mlで2900円とボトルとしてはかなり高価。
通常のボトルが800円~1500円ぐらいであることを考えるとやっぱり高い。

でもそこを惜しむのは非常にもったいない!
このボトルを使えば夏を周りより快適に過ごすことができます。 
保冷力で言えばステンレスボトルといった魔法瓶タイプのものが一番だと思います。
しかし、飲みにくさや携帯しずらさが気になるところ。

このナノゲリートは普通のボトルを使う感覚で驚異の4時間保温(保冷)を誇ります。
先日のライドで氷を入れて持ってきた方は、
3時間ほど走った時点でまだ氷は溶けきっておりませんでした。笑

そして、凍らせるのは危険です。
なぜか?
凍ったままドリンクが出てこない危険性があるからです!(本当の話)

このボトル、一度使ったら絶対に手放せません。
そして流通している数が少ないのも厄介な感じです。

まだ持っていないかたはお早めに!
君は、生き延びることができるか?(夏の暑さから)

0 件のコメント:

コメントを投稿