2018年7月17日火曜日

Movement YouTube 第6弾 TOPEAK "ROADIE DAX"

こんばんは、高橋です。
昨日のブログでチラっと紹介していた携帯ポンプ、実際に使ってみた際に動画を撮っていたのでYouTubeにアップしました。

「デュアルアクション」というテクノロジーの実力をご覧ください。

「チューブレスタイヤを出先でパンクしたらどうするの?」という質問をされる方も多いのですが、こんな感じに簡単に修理することが可能です。

今回は大きく裂けることもなく済んだおかげでタイヤ補修もせずチューブを入れるだけで対応できました。(裂け傷が大きい場合は内側にパッチを当てて下さい)

ちなみにゴリと合わせて計4本のランブラーを使用していましたが、ハードなライドの中でパンクはこの1回のみ。ゴロゴロした岩道を走って1回で済んだのは奇跡的です。耐久性もさることながら走りの軽快さが一番のウリ。これは良いタイヤだと確信できました。




チャンネル登録もよろしくです😘

2018年7月16日月曜日

Wolftooth "B-RAD Pump bag"

こんばんは、高橋です!
月曜日はYouTubeの日でしたが、今週は明日アップしたいと思います。

今日はこちらをご紹介します。
ウルフトゥースから新しいフレームバッグが入荷しました。
5,417円+税

「ポンプバッグ」という名の通り、携帯用ポンプがすっぽり収まるほどのサイズ感。
横に持っているのはTOPEAK製の"例のポンプ"こと「ROADIE DAX(ローディーDAX)」。デュアルアクションテクノロジーと呼ばれるシステムにより、押す時だけでなく引くときにも空気が入るというポンプです。

引くときにもエアが入ることでこんなにも空気が入るスピードが早くなるのかと驚きました。(フラグ)

Ringtailのウィンドブレーカー。
ここまで気温が熱くなると出番はないですが、サイズ感のイメージになると思います。

ポンプ+ウィンドブレーカーでもまだ若干スペースが残っている容量です。
話をバッグに戻しましょう。
付属のベルトを使用すればフレームチューブに簡単に取り付けることができます。場所は取り付けられればどこでもOK!
大きすぎることもなく、小さすぎることもない絶妙なサイズ感。

中を開け、マジックテープを開いてみると金具が現れます。
4つの穴があり、ボトルケージの台座と同じ間隔になっているので上手く合う部分を使ってボトルケージ部分にマウントすることも可能です。
こんな感じ。
ちなみに写真はFUJI Feather CX+のサイズ49でちょうどぴったりぐらいでした。フレームのスローピング具合やサイズによってはシートチューブのボトルケージマウントは厳しい場合があるかも知れません。
しかし、Wolftoothの「B-RAD」システムを使うことで真価を発揮して、フレームによって取り付けできないということも解決できるようになっています。
- - -
ウルフトゥースは常に新しいアイディアで面白くて実用性のある製品を作り出しますね。
最初はナローワイドチェーンリングのイメージでしたが、他のパーツや用品類など積極的な動いているので目が離せないメーカーのひとつです。

Wolftoothの製品はWebshopでも販売しています。

2018年7月14日土曜日

"RUN WITH THE HUNTED"

明日、7/15(日)はKINFOLK OWNER'S MEETINGライドのため臨時休業いたします。
灼熱の気温が予想されるので、山間エリアの日陰で少しでもマシなライドができれば嬉しいなと思います。
初めての試みですが、楽しく走ってきたいと思います!

2018年7月13日金曜日

EXTAR PROTON "DISC BRAKE ROAD"

こんにちは!高橋です。
納車したエクタープロトンの「ディスクロード」をご紹介します。
こちらです!
ディスクロードとひとえに言ってもグラベルロードだったり、カーボンのレーサータイプだったり種類の幅があります。
38cのタイヤが入るBREEZERのようなディスクロードもあれば、25c程度までのディスクロードもあります。同じディスクロードというカテゴライズでもその走りはかなり違うのではないでしょうか。

ということで、今回のオーダーはピュアな「ロードバイク」としての性能をにフォーカスしつつディスクブレーキ化されたエクタープロトンです。
SHIMANO HB-RS770 (9,197円+税)  / FH-RS770 (16,616円+税)

ディスクブレーキにするにあたり、まずはハブの規格から。
フロント100x12mm、リア142x12mmがロードやCXでは主流な規格かなと思います。
今回はシマノのハブ「RS770」で組みました。

穴数は前後とも28Hにして軽快感としっかり感のバランス重視のセレクト。手が出しやすい価格が嬉しいシマノです。
リムはMAVIC「OPEN PRO UST DISC (1本12,000円+税)」で組みました。
前後セットで約7万円のホイールセットになりました。

僕もリムブレーキタイプのOPEN PRO USTを使用してるんですが調子が良くて気に入っています。ディスクタイプも1セット欲しいなと目論んでいます、、、。

適応タイヤサイズが28c~47cとなっていて、太め対応になっているリムなので23や25cは使用不可とされています。使用条件に限りはありますが良いものなのは間違いないですよ。
今回のフレームはタイヤサイズを最大700x28cまでにして、ロードバイクとしての軽快な走りを意識したフレームにしています。
そこで選んだフォークはCOLUMBUSの「FUTURA DISC」。こちらも最大幅28cまでのロード専用ディスクブレーキのカーボンフォークです。
リアも28cまでの対応です。
CHRISKING "NoThreadSet Tapered 1.5" (21,800円+税)
今回のヘッドセットはこちら。エクタープロトンで初導入です。
上下ともアウトボードタイプのヘッドセットで、上が1-1/8、下が1-1/2というテーパーヘッドになっています。ヘッドチューブが長い人ほど上側の細い部分が長くなるので、1.5インチにしつつヘッドの軽量化の恩恵を受けることができると思います。
毎回、新しい規格でもしっかり対応してくれるエクタープロトンのビルダー橋口氏の懐の深さはすごいなと感じさせてくれます。
コンポーネントはSTIとクランクにR9100デュラエースを使い、他の部分でR8000アルテグラのパーツを組み合わせてコスパの良い組み合わせでオーダー頂きました。
リアはフラットマウント。体格の大きい方なので前後ともローターサイズは160mmにしています。
フラットマウントはこちらのテストモデルで実現してもらっていたのですが、今回はもうひとつ新しい要望を実現してもらっています。 
ディレイラーハンガーをダイレクトマウントに対応させてもらいました。エンドタイプはシマノE-Thruにて。(ちなみにエンドはパラゴンマシンワークス製)

ついにロードのコンポーネントもデュラエースからアルテグラ、105までシャドータイプになりました。
ディスクブレーキ関係なく、ディレイラーハンガーがダイレクトマウントになることでホイールの脱着がスムーズになることは確実です。そして余計な部材が減るのでシンプルで綺麗です。
メーカー品でもハンドメイドフレームでも、ダイレクトマウント対応は結構マストかなと思ったりしています。(この青色に塗った部分が無くなります)
最新スペックのExtarPROTONディスクロードが完成しました。ロングライドを快適に、でもそこそこ速く走ることも忘れない。そんな希望から具現化したバイクです。
オーダーありがとうございました!

2018年7月10日火曜日

DEEPER'S WEAR / FAST PASS CARGO SHORTS

待ってました! 今年のヘビロテショーツはこれで決まり! DEEPER'S WEAR / FAST PASS CARGO SHORTS が入荷しました!

" FAST PASS CARGO SHORTS" カラーは2色ございます。


DEEPER'S WEAR / FAST PASS CARGO SHORTS / カーキ 10,000円+税


DEEPER'S WEAR / FAST PASS CARGO SHORTS / ネイビー 10,000円+税


これまでのFASTPASSシリーズと何が違うかと言うと、ファブリックは約30%軽くなり、ヘリンボーンという織り方に変更することで、表面感も変わっています。

洗濯後に家の中での自然乾燥で3時間で完璧に乾くというのが最大の特長です。

その理由は、プロのスポーツウェアなどでも使われているポリエステルだけを使用しているから。(ポリエステル100%です)
このシリーズの商品名「FAST PASS」というネーミングも、この乾燥時間の速さから名づけられました。
そして、ポリエステルしか使っていないのにもかかわらず、日常でも抵抗なく穿けるコットン素材のような表面感というのがもう一つの大きな特徴です。

このまま海や川へ飛び込んでも海水パンツの様にすぐに乾きます。


ストレッチ性もあり、横方向、斜め方向に伸びるので動きやすく、縦方向には伸びないのでポケットが中身の重さで垂れ下がることも無いです。


また、"カーゴショーツ" と言う名前のとおり両サイドについた大きなポケットもインパクトがります。
700ml以上のウォーターボトルが2本悠々と入る大きさ!

中のものが飛びださない様に蓋もあるのですが、あえてボタンやマジックなどの機能は無くすことで中のモノを取り出しやすくしております。

ベルトループはあるものの、紐でウエストを調整できます。
これってすごく便利で、ベルトが要らない時点で荷物が減ります。

自転車で言うと輪行した時の電車の中や、飲食店でサイクリングパンツはちょっと抵抗あると言う方なんかは1枚持っておけばサッと履けます。

これからのシーズン、さまざまなアクティビティに重宝する1枚になるパンツになるでしょう。

【営業案内】
7/15(日)はKINFOLK OWNER'S MEETINGのため臨時休業致します。ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

2018年7月9日月曜日

movement youtube 第5弾

自転車に乗っていて転んだことはあるでしょうか?
もしその経験があればヘルメットの重要性はよく理解していると思います。
事故に遭ったことのある人、現場を見たことのある人ならば特に理解しているでしょう。

頭部の怪我は取り返しのつかない重症になりかねないことがたくさんあります。
ということで、ヘルメットを被ってみた紹介動画です!

西洋人が被ってる見てカッコいいと思っても、実際にアジア人が被ったらどんな感じ?
被った時の見た目ってどんなの?って気になる方もチェックしてね。





ヘルメットセール開催中です!(7/1~7/29)
WEB SHOP

【営業案内】
7/15(日)はKINFOLK OWNER'S MEETINGのため臨時休業致します。ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

2018年7月6日金曜日

ツール・ド・フランス応援キャンペーン!

さて、いよいよ明日の7月7日といえば七夕ですが ”ツール・ド・フランス” の開催日でもあります。

今年もコースに未舗装路が含まれており、波乱が起こりそうな気配です。どうなる事でしょう。

そんな、ツールを見た後は興奮してなぜだか速くなった気がするのは僕だけでしょうか?
調子にのって落車しないように気をつけましょう。

と言う訳で、7月7日~7月29日までのツール・ド・フランス期間中、在庫のヘルメットのセールを開催いたします。10%~なんと50%OFFのものまで。


シーズン・インとなりました。このチャンスに、新しいヘルメットで新規一転いかがでしょうか?

ウェブショップも反映しておりますので、無くなり次第終了です。是非この機会に!