2016年8月23日火曜日

シマノ鈴鹿ロード2016 "5ステージ・スズカ" DAY2

本当は1本のブログでまとめるつもりでしたが、そうはいかせてくれるほど薄い2日間ではなかったのでもう少しお付き合い下さい。

それではDAY1に続きDAY2を紹介したいと思います。
2年目ながら恒例化されてきた集合写真。そろそろ面白い方向に走らせるか悩んだり悩まなかったり。
簡単におさらいをすると、土曜日に3つのレースを死に物狂いで走ってチーム総合順位を12位/33チーム中になったのでした。顔がとても険しいです。
昨年と比較すると既に成績は上がっていますが、「できればシングル」というのが今年の目標でした。

チームタイムトライアルまで終えてしまうと、タイムを大きく覆すチャンスは激減します。
大きな逃げを打つか、スプリントでボーナスタイムを得るか、その2択。メンバーにスプリンターと呼べる選手もいないのでボーナスタイムを得るのは至難の業。あるとすれば「逃げに乗る」こと、または「逃げをつくる」こと。
第4ステージ "クリテリウム" 東ショートコース5周 11.2km

ロードレースというよりはクリテリウムに近い内容なのでクリテリウムと書いています。フルコースではなく短縮された東のショートコースで第2ステージの個人タイムトライアルと同じコースです。
短いからどうか伝わりにくいかと思いますが、鈴鹿の肝は最終コーナー~ホームストレートからシケインの若干の上りだと思っています。
実はそこだけは集団の恩恵があったとしてもライダーにパワーが要求されるので1番の千切れポイントなのです。

東ショートというコースはフルコースで休めたはずの場所をカットしたコースレイアウトになっているので、登った後はいきなり時速50キロ以上で下る、そしてホームストレートを上っていくを繰り返す濃密なコースになっています。

5ステージの中でロードレースは第1、第4、第5と計3つありますが、集団が崩れやすいこの第4ステージは距離も短く気を抜くことが許されない重要なステージです。
距離が短いだけありペースも速く、めまぐるしい展開が繰り広げられますがSAUCE DEVELOPMENTのメンバーの集中力も高く、アタックに乗るトライなども行っていきましたが最終的には集団ゴールというレース展開になりました。(この日、服平選手は体調不良のため不参加)

約半数が先頭集団から遅れるレースとなる中で全員が先頭集団内で走りきることができました。
僕は最終スプリントを目論みましたが思ったように上がれずボチボチな順位でゴールで終わりました。

【第4ステージ リザルト】
高橋 24位
三上 46位
倉田 80位
比護 81位
森本 84位
服平 DNS

【第4ステージ終了時点 総合順位】
三上 36→31位
高橋 38→33位
森本 57→47位
倉田 101→92位
比護 104→94位
服平 88→169位

チーム総合 12→9位/33チーム

昨年もこのステージを耐えてチーム順位を上げた経緯があったので今年も同じことは起こるだろうと思っていましたが、やはり何名かが遅れたチームがあったようでチーム、個人ともに総合順位が上がっています!ついにシングルリザルト獲得が目前に迫ってきました。
第5ステージ "ロードレース" フルコース7周 40.6km

(これは第1ステージ前の写真ですが)最後の決戦の時がいよいよやってきました。

ここまで来ると優勝争いのメンバーはほぼ決まっていて、他チームはその戦いを見守るか邪魔するかというような状況。僕らはチーム順位の維持が最低限のノルマで、目指す所は2位以下の逆転を目指すチームと同じく逃げてタイムを稼ぐこと。最後まで悪あがきしてみようじゃありませんか。

というのもチーム順位が7位、8位と2秒ずつのタイム差だったので1発決まれば2つ順位を上げることも十分に可能性がある状況にありました。

比護選手は得意の下りを活かして何度も飛び出しを試みていました。 


「レースが決まるならば終盤だ」という考えでラスト2周まではアタックしたくてもとにかく我慢を続けていましたが、やはりラスト2周はアタックの数も増えレースが活性化していきました。
自分もそれに乗じながら"逃げ"にブリッジをかけるなど、最後のレースということで思い切りよく踏んでいきました。
20人ぐらいの先頭集団が形成された時は「これは来たかも知れない!」とテンションが上がりましたが、後続の大きな集団もそれはさすがに許してはくれず追いつかれてしまいました。残念。
最後は集団でのゴールスプリント。最後の位置取りは下りに入る段階で前に居れなかったので、ホームストレートに入ってからスプリント開始。前には比護選手の姿もチラチラと見えていました。

集団が大きく広がりながらゴールになだれ込み、サニーサイドというチームの方がトップでガッツポーズ。それと同じくして4位でゴールした暫定トップだったMKWの森崎選手もガッツポーズ。総合優勝が確定した瞬間でした。余談ですが総合1位で優勝した森崎選手はジュニアカテゴリー(18歳以下)のギア比にも制限のある選手。若いのに国内の強いと言われているアマチュア選手たちを抑えて優勝する姿はかなりの見物でした。スゴイ!

【第5ステージ リザルト】
比護 13位
高橋 32位
森本 47位
三上 81位
倉田 102位
服平 DNS

【第4ステージ終了時点 総合順位】
三上 31→30位
高橋 33→32位
森本 47→43位
倉田 92→87位
比護 94→89位
服平 169→180位

チーム総合順位 9位/33チーム

各レースで落車もあって、それによって遅れることもありましたが全員が転倒や怪我もなくレースを走りきることができました。社会人レーサー、まずはそこが一番大事です!

いやー、楽しかった。

レース自体走ってるだけで楽しいものですが、この5ステージというのは「チーム戦」というものを強く実感させてくれるレースなんです。
誰かが1人だけ強くてもダメで、各メンバーがそれぞれ出来ることを実践してチームのために走るということ。ツール・ド・フランスと同じステージレースというシステムで総合での順位を争うという全てのレースが成績に大きく影響するという形式。
二日間で5つの種目を走らなければいけない身体的・精神的タフさを求められるということ。

「ロードレース」というものの面白い部分をアマチュアでも全て余すことなく味わうことのできるイベント、それがシマノ鈴鹿ロードの5ステージでした。

2年目ということで経験も増え、より面白さが広がっていった2016年の鈴鹿となりました。チームの仲間や仲の良いチーム、応援してくれる仲間たち、とにかく人と人の繋がりが良い感じに広がってきているのも楽しさを倍増させてくれているのだなと思います。

ありがとうございました!
最後に発表をひとつ。
SAUCE DEVELOPMENTの2017年ジャージをここに発表します!

ソースチームはこの秋を迎えると2シーズンを終えたことになります。まだ新しいチームながら多くの人に認知してもらえてとても嬉しく思っています。
実業団登録しているメンバーも増え、チームとして成長を感じています。今回の鈴鹿のリザルトやレース内容を見てもそれを実感していました。

ということで2017年からジャージを一新してレースに臨みます。今年一杯は今までのジャージですが、来年の春からはこちらのジャージになりますのでお間違いないようにお願いします。笑

「カッコいいチーム」が作りたいよね、ということから始まったSAUCEチームです。
レース中、そしてレースじゃない時でも周りからカッコイイと思ってもらえるチームでありたいと常々思っています。そんな雰囲気が全体に浸透すれば、自転車レースはもっと盛り上がっていくんじゃないかなと。

もし興味があるという人がいれば、2017シーズンは3名まで選手を追加で募集しようと思っています。女子選手もOKです。
速くなりたいだけなら他のチームの方が環境として良い場合もあるので、チームのスタイルや雰囲気がいいなと思う方は是非ご連絡をお待ちしております。

選手登録希望、協賛希望などございましたら2016年9/30を期限に下記までご連絡下さい。
info@movement-cycle.com

これからもSAUCE DEVELOPMENTをよろしくお願いします(^-^)

- special thanks -





他にもたくさんの写真を頂きありがとうございました!

シマノ鈴鹿ロード2016 "5ステージ・スズカ"

8/21,8/22と、この土日は夏の祭典「シマノ鈴鹿ロード」に参加してきました。
その中の昨年に初参加した2日間で5レースを争う"5ステージ"というレースにSAUCE DEVELOPMENTのメンバーで再び参加したのでした。

結論から言うと、むちゃくちゃ濃く楽しい時間を送ることができました。
ちょっとガチ感の強いイベントかと思われている人も多いかと思います。レースなのでそれは当然ある程度の技術や体力が必要とされているのですが、この夏のシマノ鈴鹿はトップは国内外のプロ選手が走る「国際ロード」から、ホリさんのようなサンデーライダーが走る「体験レース」や「1時間サイクルマラソン」といった初心者のためのカテゴリーも用意されています。

背伸びして上のカテゴリーに出る方もいますが、当然上のカテゴリーになるにつれてスピードも速く、集団の密集度も上がり技術が求められるので、レースやイベントに参加するにあたっては下のカテゴリーから順にステップアップしていくことを強くオススメします。
もちろん、イベント参加にあたって人と一緒に走って集団走行の危ないポイントなどをしっかり確認してから参加した方がよいでしょう。

今回参加した「5ステージ」は名前の通り5つのレースを走ります。
土曜日にはロードレース、個人タイムトライアル、チームタイムトライアルの3レース。日曜日には短距離のクリテリウム、最後は約40キロのロードレースです。
2日間めまぐるしくレースが行われるため、1日通して走るスタミナも要求されるのでエントリーする面々は実業団でも準プロカテゴリーからアマチュアトップと呼べる選手が多く集まってきました。
土曜日、朝4時の開門時間から多くの選手が会場入りをし、僕らも5時前後には会場に到着。
スタートは朝1番なので、前日入りしても余程早く寝ない限りは寝る時間もかなり限られるため肉体的にも精神的にもタフさが求められるところ。

今回は昨年頑張った経緯もあるので"昨年より上のリザルト"を求めて参加してきました。
初参加で真ん中より上を目指して掴み取った15位/35チームという順位、今年はその上、できればシングルというのが命題です。
第1ステージ "ロードレース" フルコース5周 29.0km (ave speed 44.3km/h)

最初のレースはシンプルなロードレースでまずは各チームとも小手調べ。とは言うものの、1レース毎の順位変動の重みを考えると最初から超本気モードでレースが進行します。
無数のアタックが繰り出されては追走があり、牽制があったりとレースは1周回の間にたくさんの動きがあります。

今回は実業団のE1カテゴリーで入賞も果たしているアタルちゃんこと比護選手を筆頭にして6人を揃えてエントリー。
レース序盤から早速比護選手もアタック合戦に参加!その光景を集団から眺めつつ、自分(高橋)はゴールスプリントを狙って備え、服平選手もボーナスポイントを獲得するなど頑張りを見せました。
ところが、チームの中のエースと思われていた比護選手の思わぬ失速があって集団から遅れていくというハプニング。。。

【第1ステージ リザルト】
高橋 11位
三上 67位
倉田 96位
森本 133位
服平 140位
比護 158位/193名

今年はタイムトライアルで力のある比護選手がまさかの第1ステージで先頭から6分遅れという不調で総合争いから脱落。OMG。
なんだかエースが初日不調というのは昨年も同じだったような気がしますが、高橋、三上、倉田の3人が集団ゴール同タイムとなっているのでチーム成績はタイム差なしでスタートを切ることができました。ホッと一安心。

チーム総合成績 18位/33チーム中

っと、昨年と同じ順位からのスタートとなりました。笑
第2ステージ"個人タイムトライアル" 東ショートコース 2.2km (優勝者ave 49.1km/h)

5レースを走りながらも数秒差で争うのが5ステージの醍醐味。
わずか2キロのコースを単独で走りタイムを計っていきます。そのタイムも2分50秒~3分05秒の間に殆どの選手が並び、トップ選手はその中で2分40秒台を叩き出していくのでした。

僕は昨年3分03秒とあまり速くないタイムで落胆したところで若干のリベンジがあり、今年はエアロバーを持つTTポジションを煮詰めるところからジワジワやっていたのでした。
そのおかげかどうかはハッキリしていませんが、今年はタイムを更新して2分58秒。3分を割ることができました。

チーム内では比護選手が本領を発揮し始め、2分50秒で一時は暫定トップで場内でアナウンスされておりました。続いて森本選手も今年はタイムトライアルに力を入れているのもあって、チーム内2番手で2分55秒とまずまずの好タイムを出していました。(まずまずと書いていますがめちゃ速い部類に入ると思います)

【第2ステージ リザルト】
比護 14位
森本 37位
三上 46位
高橋 58位
服平 75位
倉田 172位

メンバー全体的に昨年よりも良い順位を出すことができました。

【第2ステージ終了時点 総合順位】
三上 41位
高橋 49位
倉田 121位
森本 123位
服平 136位
比護 156位

チーム総合 8位/33チーム

ここで解説させてもらうと5ステージは各レースのタイムを蓄積していき総合順位として順位が争われます。チーム順位は各ステージの上位3名のタイムが反映されるため、誰か3名が速ければOKなので、そこはチーム内で作戦を立てて協力すればある程度稼いでいくことができます。
対して個人順位は1レースすら落としてしまえばそこで脱落してしまう厳しい戦いなのです。

第2ステージでは比護選手、森本選手らの好タイムのおかげでチーム順位を大幅に上げることに成功しています!一気にシングル順位!
第3ステージ"チームタイムトライアル" フルコース4周 23.2km

レースの戦況をほぼ確定させると言っても過言ではないチームTTが土曜日の最終レース。
既に2レースを終え、各チームとも疲労が見え始め、自分も走り出したときに不安を感じる足の重さだったのは今でも覚えています。

昨年はほぼ足並みが揃ったメンバーでしたが、キャプテンである自分が一杯一杯で千切れてしまいチームへ負担をかけてしまうミステイクがありました。ということでチームTTでも個人的なリベンジを持って臨みました。

足の重さから「向かい風強くない?」とめっちゃ感じながらも必死に踏んでいきますが、メンバー全体的に一杯一杯な感じが漂っていました。それはもうちょっと不安を感じる程に。
しかし、一人だけ明らかに余裕な雰囲気を持って走っている・・・アタルちゃん!!(比護選手)

第2の個人TTの疲労を微塵も感じさせない走りでチームを力強く引っ張ってくれるではないですか。ちょっと感動しちゃいました。彼の後ろでよだれも拭く余裕もなく必死で食らいつきながら走っていましたが。笑
主に下り基調の部分から平坦と、彼が長く牽いてくれて、休みたいタイミングで他のメンバーで回すような状況。終盤はコースの半分ぐらい牽いてくれてたのではいかと思うほどでした。

【第3ステージ リザルト】
SAUCE DEVELOPMENT 11位/33チーム

昨年は16位という順位でしたが、比護選手の活躍もありここでも昨年を上回る順位を出すことができました。

【第3ステージ終了時点 総合順位】
三上 36位
高橋 38位
森本 57位
服平 88位
倉田 101位
比護 104位

チーム総合 12位/33チーム

個人総合はそれぞれ順位を上げましたが、残念ながらチーム総合は少し落とす結果に。
チーム的にはTT機材も使っていない状況だったのもありますが、1年、2年と蓄積していくことでレースへの理解度が増し順位も上げやすくなっていきます。
来年へのメンバー構成も含めてどうアプローチしていくか今から考えると楽しいですね!
という感じでそこそこ長くなったので、今日はここで一旦区切りDAY2へと進めたいと思います。

2016年8月20日土曜日

DEEPER'S WEAR / HANDS UP SHIRTS と営業案内

すっかりおなじみになったDEEPER'S WEARのHANDS UP SHIRTSの待望のホワイトが入荷しました。


1枚持っていればTシャツ以上に活用頻度が高くなるかもしれない、いわゆるオックスフォードの白シャツです。
汗じみがしにくい加工がされており、その加工は水分や油をはじく作用もあるので汚れにくいと言うLIFESPECが備わっているのです。

うっかりコーヒーをこぼしても大丈夫。
白は汚れるから・・・と懸念してた方もこれなら安心。
着いた汚れも落ちやすいです。

さらにナチュラルストレッチで動きやすいのも特徴です。

通年着れるので1枚持っておきたいアイテムです。
汚れにくく動きやすい、ガンガン着ちゃって下さい。

* * *

明日8月21日は、シマノ鈴鹿ロードレースに参加+応援の為臨時休業させて頂きます。
ご不備おかけ致しますがご了承下さい。




2016年8月19日金曜日

しまなみ弾丸ツアー

定休日の前日にしまなみ海道を往復しない?とお誘いがありました。
えっ明日?急な話で気持ちに準備が出来てないのと、個人的に充実した夏休みで正直遊び疲れでノリ気では無かったのですが、
10時間に及ぶ説得と関西の自転車屋としてしまなみ海道を走っていないのは恥に等しいと前々から思っていたので、
これはよい機会だという事で参加することにしました。

翌日朝5時にレンタカーを借り途中メンバーを拾いながら大阪を出発、
コンビニで買った朝ごはんを食べながら尾道まで約4時間のドライブです。

今回はメンバーにしまなみ海道経験者がいるという事で下調べ無しで参加しましたが、
なかなかのアドベンチャーだったので気づきを書いておきます。

午前10時頃、尾道出発(この時点で往復は危ういと感じております。)
早速渡船で向島へ所要時間は4分、2こと3こと会話をしているうちに到着します。
料金は人間100円+自転車10円の110円

ここからが本番です。目指すは最終地点今治の焼豚玉子飯!今治へ続くこのブルーのライン。
地図が苦手な方や方向音痴の方でもこのブルーのラインをトレースするだけで目をつぶってても今治に着きます。あれ?
※写真は中盤の島です。

序盤、因島ではっさく大福を食べろと言う指令があったので寄ったのですが、はっさくはシーズンオフだったので金柑大福を頂きました。

因島と生口島を結ぶ生口橋
サイクリストが言うしまなみ海道とは、瀬戸内しまなみ海道にある「サイクリングロード」を指します。
日本で初めて海峡を横断できる自転車道です。
そして島々を結ぶこの橋を渡るための登りと景色がサイクリングの良いアクセントと達成感に繋がるのです。(橋だけに)

その後、生口島でジェラートを頂きます。
大福からあまり間が無かったのであまり欲していませんでしたが食べると美味しいですね。
しまなみ海道に行くと言っただけでここでこれ食べろあれ食べろと勝手に情報が耳に入ってきます。
それだけ多くのサイクリストが行っているという事ですね、しまなみすごい。

そんな感じで12時ごろに大三島に到着。
焼豚玉子飯をおいしく食べるために昼食らしい昼食はとらず、豊富にあるコンビニで水分や軽い補給食などで今治を目指す事にしました。
コンビニは要所要所にあるので、神経質に水や補給食は持たなくても大丈夫です。
写真は直接的なネーミングが清清しいサイクリストの聖地。
※この時点で往復は諦めてます。


伯方島、大島を渡り、今治へ到着したのが16時頃
うすうす気付いていたのですが、やっと目的の焼豚玉子飯にありつけると思ったらお昼の営業が終わっていたので食べることが出来ませんでした。

気付き1:焼豚玉子飯が食べたい方は12時到着を目指し13時までには到着しましょう。

というわけで時間的に往復を諦めフェリーで因島まで戻りお好み焼きを食べようと方向転換したのですが、運悪くフェリーが数分前に出発したところで1時間ほど今治に待機となったので、お好み焼きも断念することになりました。
ああ、せっかく来たのにご当地グルメ大福とジェラートしか食べてない・・・

次のフェリーで因島に着いて直ぐ尾道行きの港に行かないと最終フェリーが無くなるのでゆっくりする時間が無いのです。

港まで約8km、尾道行きのフェリーが来るまでの約30分以内に港まで到着しなければなりません。それを逃すと因島から尾道まで自走になります。

船内でシュミレーションした通りに因島に到着して直ぐに港までスプリントしてなんとか間に合いました。そしてフェリーが到着し自転車で向かうと「自転車乗せれないよ~」と言いながら問答無用で出発していきました。一瞬何が起こったのかわかりませんでしたが落ち着いてみると港の場所を間違っておりました。

気付き2:あたり前のことですが、船の時間はチェックしておきましょう。情報共有しましょう。

気分を切り替え、尾道までサイクリングだ!
結果オーライ、夜になり涼しくなったので少し走れてよかったです。

しかし向島から尾道までの渡船はまだあるのか?最後の希望尾道ラーメンは食べることが出来るのか?と不安を抱きながら走っておりました。



渡船はありました。乗り合った地元の方に聞くと22時ごろまであるそうです。
ついでに聞いたおすすめの尾道ラーメンを食べる事もできました。

気付き3:向島から尾道までの渡船は22時まである。
気付き4:ラーメン屋は遅くても21時閉店なので20時までにはたどり着きましょう。


最後にU2にある15分100円シャワーでさっぱりして帰るつもりでしたが営業は21時半まで、
ラーメンをゆっくり食べていたら間に合いませんでした。
銭湯を探すもだいたい21時で閉店で入る事ができず、その日の風呂はギャッツビーのボディペーパーになりました。

気付き5:尾道ラーメンと風呂を楽しみたい場合は18時までには尾道に戻った方がゆっくりできます。

今回は弾丸ツアーでほぼ計画無しでしたがドタバタ劇も含め楽しい旅になりました。
次回は1泊してゆっくり寄り道をしながらしまなみ海道を楽しみたいと思います。

2016年8月16日火曜日

Cadence Collection

初期MASHクルーのDUSTIN KLEINがはじめたブランド"CADENCE"
MOVEMENTでも取り扱っております。

不定期で入荷のためちょくちょくIGなどでUPする程度のご紹介でしたが、
ブログでもご紹介したいと思います。
と言っても今回も少し小物が入ってきただけですが・・・

CA WATER BOTTLE 2,800円+税
AMGEN TOUR OF CALIFORNIAに合わせてリリースされたCALIFORNIA COLLECTIONの
ウォーターボトルです。クラシックなデザインが良い感じ。

cadence top cap 800円+税
愛車のアクセントにいかがでしょうか。

CADENCE 3up3 down cycling cap 6,800円+税
伝統的な4パネルサイクリングキャップです。
シャンブレー生地が普段着にもマッチします。

CADENCE saddle bag 5,900円+税
荷物は最小限だからサドルバックは小ぶりな物が良いという方にピッタリです。

ソックスも再入荷しました。 2,800円+税

取り急ぎ入荷案内でした。

2016年8月15日月曜日

OAKLEY "LATCH"

『 OAKLEY (オークリー) サングラス』

SNSでは先にお知らせしていたのでご存知かと思いますが、ムーブメントでもようやく取り扱いが始まりました。
今が一番熱いなライフスタイルサングラス「LATCH(ラッチ)」からご紹介したいと思います。
キーホールスタイルとラウンドレンズでクラシックなスタイル。 
感度の高いアスリートやスケーターといった人たちにインスパイアされて作られたモデルです。
至ってシンプル、至ってクールなサングラス。

オークリーで有名なFrogskinsと比べると造りに高級感がありますね。
最大の特徴は「クリップ」。Tシャツやポケットなどを掴むことができ、落とすリスクを減らせます。

サングラスをラッチ(かけ止め)する。
そこはアクティブな人たちをインスパイアして作っただけあり、リアルな面が製品化されたと思います。僕もよく落とすのでこういった機能はとってもアリ。デザイン面でも邪魔していないので良い感じです。 
使い方も簡単です。通常仕様のときはこの状態。 
半分閉じた状態の時にクリップ部分が開いているのがわかります。この状態でシャツの縁などに差し込んで下さい。 
最後まで畳むとクリップロック。閉じます。
実物を触るまでは大したホールド力も無いだろうと思っていましたが、かなりしっかりホールドしているので驚きました。

* * *

まずは店頭に2カラー入荷しています。
18,000円+tax 

  
17,000円+tax 

ぜひ店頭でご試着を。WEBSHOPからもご注文可能です!→OLIVEBLACK

ということでオークリーサングラスの取り扱いが始まりましたのでお見知りおきをお願いします。

店頭でメインのラインナップも一通り揃えているので試着して頂くことが可能です。
無いカラーでも取り寄せ注文も可能で、カスタムのオーダーも承っています。(度つきレンズは取り扱っていません。)
スポーツモデルではスペアレンズやイヤーソックといったアイテムも充実させていくので活用して頂きやすいかなと思います!

目や顔面を守る意味でもアイウェアの着用する人が増えています。
ヘルメットと等しくサングラスも大事なので1本はしっかりしたものを持っておくといいでしょう。

ぜひぜひ~!