2017年7月15日土曜日

MONK BICYCLE

ドイツのハルツ山地のふもとにある"MONK BICYCLE" 
その環境で毎日テストし開発された
"モンクバイシクル"の提案する "ドロップバー・マウンテンバイク" フレームは様々な地形や用途に最適になっております。
ブランドコンセプト通りに組んでもいいし、フラットバーでもいいし、エアボリュームのあるスリックタイヤを履かせてツーリング仕様にしてもいいし、妄想が膨らむフレームです。

タイミング良く、必要としている遊び方にマッチングしているとご成約頂きました。

ドロップバーでシマノのMTBコンポを使うのにピッタリな"GevenalleのGX2"を採用。

基本コンポーネントは、シマノXT(M8000シリーズ)でまとめ、ホイールもXTハブとVelocity(ベロシティ)BLUNT SSリムで手組みさせて頂きました。
このリム軽くていい感じです。個人的に次のMTB用ホイールのリムはこれにしようと考えております。

頻繁にメンテナンスがしにくいヘッドとBBは壊れにくい丈夫なものをと、PhilWoodを選んで頂きました。
回転も滑らかです。またポリッシュも良いアクセントにもなって美しいですね。

後々着けるラックを仮止めしたときにケーブルが干渉したので少し細工を。
アイレットも豊富でキャリアを着けた冒険バイクやフェンダーを着けて毎日の足にしても良いですね。

早速、オーナー様から写真を頂きました。楽しそうですね。

Sサイズが1本、店頭在庫ございます。

・S for 26" wheels* – body height from 167 to 174 cm**
・198,000円(税別)
通常のマウンテンバイクタイヤ用に作られていて、前に2.4インチ、後に2.3インチが可能です。さらに、泥除けのためのスペースがあります。
27.5インチのホイールも受け入れますが、泥除けのクリアランスはありません。タイヤのクリアランスは、27.5インチのホイールを使用すると、フロントで2.25インチ、リアで2.1インチに制限されています。

詳しくは店頭まで!

0 件のコメント:

コメントを投稿