2016年9月9日金曜日

2017 FUJI その1

先日の水曜日は各社展示会が重なりいったい何件回っただろう・・・
時間の都合でいけなかったメーカーもあるのですが、MOVEMENTのオープン時から扱っているFUJIは見逃せません。

FUJIは日本のメーカーと思っている方も多いと思いますが、実はアメリカのブランドなんです。
元々はアメリカ製品の輸入販売代理店から始り、後に日本で初のスポーツ車となるフェザー号を発売するなどして
自転車メーカーになった日本の会社でした。しかし、いろいろあって(ググって下さい)アメリカのブランドとなりました。

そんなFUJIですが、たくさん紹介したいのですが今回は土の香りがする車体を中心にご紹介します。

まず目に飛び込んできたのはこれ!
JARI 1.1 フレームセット 85,000円+税

アドベンチャーロード JARI(ジャリ)。 これは開発のBrianがグラベルって日本語でなんて言うの?
に対して砂利と応えたらそのまま名前になったと言う・・・。
覚えやすくて良いですね。

ちなみに開発のBrianはロードではプロカテゴリーまで昇格し、
MTBのエキスパートクラスやシクロクロスのAクラスで何度かタイトルをとるほどの活躍をみせた実力派のサイクリストです。

フレームセットのJARI 1.1(85,000円+税)とメインコンポSRAM RIVAL1の完成車JARI 1.5(178,000円+税)の展開です。

JARI 1.5 178,000円+税

タイヤクリアランスは45cも飲み込みます。

BBはトラブルがあっても対応しやすいJIS(BSA)のねじ切りタイプ。
そもそもトラブルが起こりにくいのが良い!


フェンダーやキャリアが付けやすいようにブリッジが設けられている嬉しい仕様。


シートチューブに1箇所、ダウンチューブに2箇所、そしてトップチューブに今後ボルトオンタイプの製品が続々とリリースされる事を見越してのスペックインとなっております。さすがBrian!


最後に、僕も経験した事があるのですがアドベンチャーライドではどうしても担がないとならないシチュエーションに遭遇する時があります。
その為の2mm厚のクッションを装備。これもBrianの経験からなるスペックインです。

ちなみに積載製を重視しているのでフレーム強度はかなり高いですがその分重量はアルミフレームの中では平均的となっております。

毎月1,000km以上は走る彼の考えが詰まったJARIは、何か見た目だけでない内から出てくる良さを感じるような気がします。



CROSS 1.7 180,000円+税

CROSS IS COMING! 準備はどうだい?
新型CROSSが登場しました。新型フレームは246g軽量化に成功。
メインコーポーネントはシマノ105とディスクブレーキ、前後12mmスルーアクスル仕様となっております。
カーボンほど気を使わずガンガン使えるレースマシンです!
サイズも46からあるので低身長の方でも乗りやすくなっております。



TREAD1.1 138,000円+税

去年からの継続のTREAD1.1は価格がお求め安くなりました。
ロードバイクでは不安を感じるところでも行けちゃう走破性。タイヤを交換することで本格的なダート走行もこなすので、1台でシクロクロスから通勤まで多くのシチュエーションをカバーするバイクです。


FEATHER CX+ 105,000円+税


FEATHER CX+ 105,000円+税

個人的に最近見直しているFEATHER CX+ は、COOLなブラックと爽やかなブルーの2色展開です。
10万円ぐらいで自転車を探している方にオススメです。自転車の事が良く分らないけど
とにかくサイクリングやスポーツ自転車に乗ってみたいと言う方はこれ。
FEATHER CX+で速さに目覚めてしまったらロードバイクが必要になるかもしれないけど
置いておけば町乗りにもなるしツーリングバイクにもなるしシクロクロスのレースにも出ることができる便利な相棒になるでしょう。あと丈夫だし。

他にも早く紹介したいNEWモデルがあるのですが長くなるので明日に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿