2016年2月16日火曜日

CURTIS リペイント by COOK PAINT WORKS

ご紹介が遅くなってしまいましたが、
リペイントでご依頼のカーティス(イギリス)のご紹介です。

ビフォーは単色ブルーのフレーム。
お客さんのご希望により東京は"COOK PAINT WORKS"の元へと旅立ったフレームは
ガンメタにラグ風塗装にフレームに生まれ変わり帰ってきました。


クランクにはフレームと同じくイギリス"MIDDLE BURN"。
チェーンリングはWolftoothで合わせました。
このクランク、スパイダーを組みかえることができるので
MTB4アームやROAD5アームなど変換できる点が面白いです。
1本持っておくと発展性がとてもいいクランクです。

合わせるのは"Philwood"のOUTBOARD BB。
ステンレスボディのタイプです。

ミドルバーンの24mmアクスルタイプなので、シマノBBと互換性があります。
PhilのステンレスBBは乗っても逞しさを感じるほどで、
重量もすごいですが耐久性と回転の滑らかさへのこだわりがとても好きです。

ジルベルソーのサドルにPDWのグリップとそれぞれネイチャー感があります。
シートクランプにもPhilwood。

そしてクイックレバーもPhilwood。
紹介していませんがハブには当然のようにKINGが入っています。笑

NITTOのボトルケージも渋いですね。
オーバーホールも兼ねてフレームのリペイントという流れでした。
どちらにせよフレームのペイントの場合はパーツを外さなければいけないので、
一緒に行ってしまった方が工賃も少しはリーズナブルになります。

これから春に向けて作業や納車が増えることが予想されますが、
カスタムやリペイント等々お気軽にご相談下さい!



0 件のコメント:

コメントを投稿