2015年9月17日木曜日

WTB

一瞬キツネのマークと見間違うような、人によってはFOXと混同しているような
このロゴを知ってる人はどれぐらい居るのでしょうか。

"WTB"

という
アメリカ、カリフォルニア州で設立されたバイクパーツブランド。

正直な話、ロードばかりだった僕にも縁の浅いブランドなんですが、
シクロクロスを始め、
シティライドやオフロードへのジャンルが交錯し始めたことで
重要度が上がってきたブランドであります。
(あくまで僕の目線での紹介ですw)
"WILDERNESS TRAIL BIKES"
ロゴはWildernessとTrailを重ね合わせたデザインですね。

略してWTB。

荒野を駆け巡りたい。って雰囲気が漂ってきます。

メーカーが立ち上がった1982年当時、
マウンテンバイクのパーツはあまり多くは存在していなかったそうです。
CHRISKINGも近い時代から生まれてきましたね。
僕は87年生まれなので、まだ生まれる前の時代です。
WTBは耐久性のある機能的なサドル、タイヤ、グリップ、リムといったパーツを製作し始め、
自転車に対する情熱をビジネスとして成功させ今に至ります。

超軽量とか、ハイエンドとか、高級なパーツ類とは全然違った方向性で、
手に入れやすい安価な価格帯でありつつ、
長持ちして信頼できるパーツ作りが主な考えとなっています。
オフロードだけ?
オフロードのイメージが強いWTBですが、
街を駆け抜ける人が増え、人気の「thickslick(シックスリック)」のようなラインナップも。
CXを通勤仕様で使うのに、ロードタイヤを履かせてもいいけれど、
オンロードでも転がりが軽い「All Terrain Comp」なんかもすごく良い。

ブロックタイヤだけどノブが強くて転がりやすいし、擦り減りにも強め。
CXバイクとしてのルックスも損なわずにセットアップすることができるのが嬉しい。 
ごめんなさい、前置きが長くなりましたがWTBの展示会に行っておりました!
先のALL TERRAIN COMPはこんな感じです。
700x32、700x37、26x1.95というサイズ展開。
37cはかなり珍しい上に、太すぎず細すぎずでナイスです。

でも普通に通勤に使うなら軽いから32cにしちゃうかなって感じでございます。
(32c=455g、37c=540g)
PURE COMP (All Black Limited Edition)
ロゴや刺繍まで全部ブラック。

Silverado Pro (All Black Limited Edition)

軽量でロードやCXに合わせやすいシルバラドもブラックディションにて。

入荷までしばしお待ち下さい!

これでいいのだ。

【WTB】


0 件のコメント:

コメントを投稿