2018年6月4日月曜日

LOW BICYCLES "mki road"

こんばんは、高橋です。
納車してから少し経ちましたが"LOW BICYCLES"を納車させていただいたので紹介致します。
"LOW BICYCLES"はMASHやCADENCEと同じくアメリカはサンフランシスコに拠点を構え、ハンドメイドアルミフレームを作り出しています。
アルミフレームは大量生産のイメージが強い昨今の市場事情ですが、その昔はキャノンデールもハンドメイドインUSAのアルミフレームでジロデイタリアを制していたり、多様のハンドメイドアルミフレームは市場に見ることができました。

それも年々減少して今では絶滅危惧種。むしろ絶滅したのではないかというほど見当たりませんでした。
そんな中、時代の流れもうまく取り込みつつ現代に残存するLOW BICYCLES(ロウバイシクル)。
こだわりのフレームチュービングだけでなく、ケーブルルーティンやロゴのカラーカスタムなど細かい対応もハンドメイドならではの魅力を振り撒きます。
自社内で製造することで、自分たちの納得できる品質をコントロールすることにも繋がっています。

そして大阪の一人の男性、いや、漢から声がかかったのです。
「いっときましょう。」と。
フレームを注文してから約3か月ほどで届いたフレームは僕らのハートを簡単に打ち抜く素晴らしいものでした。
コンポーネントはSRAM FORCE。
チェーンステイのうねり具合も凄まじい。
スプロケットはシマノで、なんていう妥協はしない男。



ヘッドはテーパーヘッド、それに合わせるように極太のダウンチューブが繋がります。
トップチューブはシートチューブに向かって偏平され、横に広がる形状。さらにシートステイと繋げる造形は手間や機能性以上に美しさが表れているように思います。

BBは68mmのねじ切りですが極限まで太さを稼いだダウンチューブは「fast and responsive platform」の大きな要素。

このmki roadはローバイクとしてレースでもロングライドでも用途を選ばないオールマイティなフレームをコンセプトに作られています。
踏んだ時に反応が良く、軽く良く登り、さらに快適性も損なわない。そんな思想が詰まったフレームです。
 縦楕円の付け根から横偏平な形状へ変わっていくチェーンステイ。
 見惚れてしまう綺麗なトップチューブ、、、
組み立ての作業をしながら、これほど物欲を刺激されるバイクは久しぶりだったように思います。笑
ご注文ありがとうございました!  
LOW BICYCLES 
"mki road" フレームセット
378,000円+税

【specifications】
FRAME - 7005 custom extruded aluminum tubing
・WEIGHT - 1.35 kg (54cm painted)
・FORK - Enve Composites 2.0 Road fork
・HEADTUBE - 1.5" tapered headtube with integrated headset
・BOTTOM BRACKET - 68mm English threaded
・MAX TIRE CLEARNACE: 28mm
・BRAKES - Rim
・SEAT POST SIZE - 27.2 mm
・SEAT POST COLLAR - Thomson 31.8 mm


0 件のコメント:

コメントを投稿