2018年4月24日火曜日

ベータチタニウム ボルト ワンオフ製作

こんばんは、高橋です。
Webshopの方でも色々とご注文を頂いていて、ちょっと在庫が減ってきました。
また在庫の補充と今後のラインナップもお楽しみに!

今日はベータチタニウムのボルトではこんなこともできるというご紹介です。
今回、自分用にカスタムオーダーしたチタニウムボルトです。
国産の高品質素材を使ったボルトを1本から注文できるって凄いですよね。
ちなみにコイツ用。
 早くもボルトに錆が浮いてきたのでやっぱりチタンに換えてあげたいと早速注文しました。
錆もあるんですが、ブレーキの取り付け構造の影響で工具が入りにくいという点がありました。メカニック目線で作業性がもうちょっと欲しいところ。
グラベルバイクはハードな使用が目に見えているので、ライド中にもし緩むこともあるかも知れません。もしその時に合う工具がなかったらもどかしい。
そして特注した2本のボルトの出番です。

(左) 特注コンパクトフランジボルト
2,000円+税

(右) 特注ストレートキャップボルト
1,890円+税

オプション:陽極酸化処理(チェレステカラー) 300円+税 x2

後ろの狭い部分にはコンパクトフランジボルトを。
ボルトの内側は5mmの六角レンチが使えるようになっています。
さらに、外側も六角形にすることで10mmスパナでも締められるようになっています!

複数の工具を使える仕様にすることでもしものトラブル対処がしやすいような配慮です。正直なところトラブルに遭うことの方が少ないので完全な自己満足の世界ですが。笑
こんな感じで取り付けが完了しました。
ネジ2本の値段で安いブレーキキャリパーが買えそうな気がしますがそこはご愛敬!
色がバイクに合っていない!と言われちゃいそうなんですが、やっぱり旅のお守りといえば「トルコ石(ターコイズ)」。危険から身を守ってくれると言われています。
そんな気持ちを込めて今回はこのカラーリングでオーダーしてみました。

- - -

こんな風に「ここのボルトがこんなタイプだったら良いのにな」、「ここのボルトの精度が悪くて気になる・・・」というように思う機会はしばしばあったりします。
もしかしたら気持ちよく改善できるかも知れません。特殊なネジの多い自転車なので、1本からワンオフ製作してくれるというのはとても有難いですね~。

定番品はWebshopからどうぞ!ワンオフ製作は店頭にてご相談ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿