2018年3月31日土曜日

7周年の御礼とキャンプツーリングレポート

こんばんは、高橋です。
ついに今日で3月も最終日。なんとムーブメントの営業も7年の歳月が経ちました。
メーカーの方々、仲の良いショップの方々、そして何よりムーブメントに来てくれるお客さん。お世話になった皆さん、どうもありがとうございます!
明日4月1日から8年目が始まります。
時代も変わるし、人も移り変わっていきます。
僕ら自身も思考や行動において立ち止まらず、常に歩み続けていければ良いなと思っています。

Bicycle Studio MOVEMENT的な新しいアクティビティということで、今日は"グラベルロード"をふんだんに活かしたキャンプツーリングに行ってきたお話です。
BREEZER "INVERSION TEAM" (size48cm 身長173cm)
バイクの詳細については過去の紹介ブログをご参照下さい。

今回は1泊2日のツーリングということで装備をアップグレードしました。

Front Rack : tubus Tara

Front Bag : SwiftIndustries HINTERLAND Jr. ranger X-pac


Rear Bag : オルトリーブ 13L


ギア : 50×34 11-34T

タイヤ : WTB Exposure 32c
輪行で橋本まで出てから、目指すは山の奥地。天気は晴れ。
待ちわびた最高のコンディションに恵まれて、日中は25度近くまで気温がありました。
おかげで3月とは思えない暖かさで、半そでジャージでも汗だくのヒルクライムでした。
テント、マット、寝袋、ダウンジャケット、調理器具関連、食料。予想を上回る重量にビビりましたが走ってみたら意外と軽快でした。もちろん登りは重さを感じましたが、それほどスピード感は変わらず走れたような気がします。

ちなみにバイク+ラック類で約10kg、荷物は諸々合わせると約15kgほどありました。
ライド以上に輪行が大変なので、輪行をする場合はなるべく乗換えがないルートが好ましいですね。


今回は単独だったので大自然を楽しむストイックなルートにしてみました。
順調に予定通りに進めたので、途中で見つけたお店で貴重なランチ休憩。(秘境とも言えるエリアなのでコンビニも見当たらないのです。)
眺めの良いテラス席があって、気持ちいい休憩タイムでした。
ランチの後はメインディッシュのヒルクライム。約10km、獲得標高約800m(平均斜度8%)というロードでも満腹になれるコースです。
荷物満載だったので、流石に後半は途中でやめようか諦めそうになったレベルです。笑
1時間ちょっとで無事に登りきり、最後は稜線沿いのダート。
ガードレールも無いので流石にビビりますが、山々の眺めと程よく整ったグラベルは良いデザートでした。

目的地に無事到着!
関西の方なら知ってる方もいるかと思いますが、場所はあえて伏せておきます。

着替えと設営を済ませたらごはんの準備に取り掛かります!
ムーブメントでも地味に取り扱っているPRIMUSの出番です。

1リットル鍋で湯を沸かす。

そしてフライパンでソーセージを焼く。

そうこうしているうちに一気に暗くなっていきました。 
ほぼ日が落ちた頃にご飯の準備ができました!
消費カロリーも中々だったので他にもつまみましたが、今回のメインはカレーにしてみました。キャンプ飯のレパートリーもこれから増やしていきたいですね。
あとは星空を楽しみつつ寝るのみ。
日中が20度オーバーだったのでダウンまで不要かな?と思っていましたが、夜になると気温は一桁まで落ちていったので必要でした。
標高1000mということもあり、夜はダウンジャケット必須。寝袋とエアマット、エマージェンシーシートと最低限揃えていたのでなんとか夜は凍えずに済みました。。。汗 
朝は夜明けとともに起きて朝ごはんを食べました。
日が登り、徐々に山に日が当たっていく様子を眺めるのはすごく良い朝でした。
名残惜しさを感じつつ、テントなどを片付けてその場を後にしました。

今回はひとりだったので自由さを存分に楽しんだ1泊2日でした。
でも夜はちょっと寂しかったので次は誰かと行けたらいいなと思います。

(ほとんど被ってる内容ですが、輪行の話など個人的なインサイドレポートも書いてます。)

- - -

ということで、僕らは8年目も自転車を存分に楽しんでいきたいと思います!是非一緒に楽しんでいきましょう。

ちなみに次回のイベントは4/8(日)の舞洲クリテリウムです!
出店も行うためムーブメントは臨時休業になりますのでご了承下さい。
僕やSAUCE DEVELOPMENTの選手も走るので、是非観戦にもお越し下さい。詳細はまた来週!

それでは!

2018年3月27日火曜日

Xplova "X3" GPSサイクルコンピューター


こんばんは、高橋です。
SNSでちょこちょこ話題に出ているXplova(エクスプローバ)のサイクルコンピューター。
ACER製の端末で動きがサクサクしていて評判なのです。実際に使っていて快調です。

そのXplovaから新モデルで「X3」が発売されて入荷してきたところです。
上位モデルの「X5」は動画撮影機能などで話題でしたが、こちらはそういった機能を省いたシンプルなモデルで長時間のバッテリーなどが魅力です。
重量もかさばらないのでレースで使うのはこっちの方がベター?






新モデルのX3、アクションカメラ付き高性能サイコンX5、どちらも入荷してきたのでお探しの方は是非!ウェブショップまたは店頭にて。

取り急ぎ入荷案内でした!


2018年3月25日日曜日

BREEZER "INVERSION PRO"


BREEZERが気になっている人も多いと思います。
今日はブリーザーのアドベンチャー系ラインナップの中で最も軽快さを追求した「INVERSION」シリーズの紹介です。
BREEZER "INVERSION PRO"
完成車 258,000円+税
サイズ:45cm, 48cm, 51cm, 54cm
カラー:Gloss Gray / Charcoal and Yellow
コンポーネント:シマノ105 (5800)

INVERSION PROの詳しい紹介は以前のブログも参照下さい。

このフレームのために企画、製造されたD'fusionスチールチューブをつかい、軽量さと反応性の良さを両立した"走り"に重点を置いたモデルになっています。
ロードバイクの延長線上にあるこのモデルは、舗装路の多い日本というフィールドにはとてもマッチしているように思います。

今回ご紹介するインヴァージョンPROは完成車から少しパーツをカスタムしての納車となりました。それではご紹介していきたいと思います!
フロントディレイラーは取り外して、チェーンリングはWOLFTOOTHに変更。チェーンリングの重量もそこそこ重かったのでかなり軽量化できました。

リアのスプロケットのワイド化により、ロードバイクでもフロントのシングル化する例も出てきています。
興味がある方はこの辺もチェックしてみて下さい。
シートポストはTHOMSONのELITEセットバックに。

軽さ、調整のしやすさ、ズレるなどのトラブルの少なさ。ムーブメントで一番人気のシートポストだと思います。
タイヤはGRAND BOIS(グランボア)のシプレ30cというチョイス。

cypresは700x30cという絶妙なサイズのスリックタイヤですね。他のメーカーでこの太さのタイヤは中々見当たりません。
28cではちょっと細いし、32cでは舗装路で少しモタつきが気になる。それらの中間地点に収まる「30c」というサイズ感がすごく良い感じでした!
タイヤのサイドがアメ色なところも雰囲気があって良いですね。
タイヤの雰囲気に合わせるようにバーテープもコルク調のものに。
ヘッド周りは遊び心満載で。
サイクルコンピューターXplova X5、NINERの王冠トップキャップ、AGHARTAのフードポーチなど男心満載です。
インテグラルヘッドチューブ。
INVERSIONはカーボンフォークを採用しています。実際に使っていて安定感もある良いフォークだと感じています。
ちなみに僕のINVERSIONはダボ穴を利用して、tubusのTARAを取り付けしました。 

バイクに荷物を積んだりする場合、更にブレーキ性能が大事になってきます。
セミ油圧のTRP HY/RDが最初から搭載されているので、完成車でも制動力には安心感がありますね。
これは間違いなく楽しめる1台だと思います!
ご注文ありがとうございました!!

他のBREEZER紹介ブログはこちらより。

2018年3月23日金曜日

HIRAME ヒラメ ポンプヘッド

HIRAMEポンプヘッドが入荷しました。


HIRAME ポンプヘッド 横カム ホースバンド付き 4,780円+税

HIRAME ポンプヘッド。フロアポンプ程の価格がするポンプヘッドがなぜ愛されるのか。
それは使いやすさに尽きると思います。

もちろんMOVEMENTのメインフロアポンプにはHIRAMEポンプヘッドが着いています。

一般的なポンプヘッドの使い方はバルブへぐっと押し込み、空気を入れ終わると引っこ抜きます。

まず、バルブへ押し込む際、写真のように螺旋リムナットが無いチューブをお使いの方は、バルブが押されてリムに埋まって、うまくポンプヘッドに刺さらない時がありませんか?また、リムナット(バルブナット)が有る場合でもバルブコアが曲がった経験はありませんか?


HIRAMEポンプヘッドは、バルブに抵抗なくスッと刺さるので、バルブが押される事もバルブコアが曲がる事もございません。レバーをひねるとバルブに固定される仕組みです。


一般的なポンプヘッドは、空気を入れ終わった後を引き抜きます。その際に気をつけないといけないのが、引き抜いた勢いで手がスポークなどに当たり怪我をする事です。

HIRAMEポンプヘッドはレバーを解除すると抵抗無く抜けるので、引き抜く必要はありません。
なのでスポークに手をぶつける事もないでしょう。

あと、バルブ長が短くてリムから少しだけ頭が出てるんだけど・・・って言うとき。
一般的なポンプヘッドだと届かない微妙な長さ。そんな時もHIRAMEポンプヘッドなら対応できる時があります。

日本製の高品質なポンプヘッドですが、作り手の不足で生産数が安定していないのが現状です。欲しい方はある時に買う事をおすすめします。

2018年3月22日木曜日

Team Dream "Classic Three Stripe Socks"

3月も後半に差し掛かり、そろそろ暖かくなり始めたと思った矢先に東京では雪が降ったりとしぶとく寒さが続いていますね。
でも、もうすぐ暖かい季節が近づいて来ています。
個人的には4月もまぁまぁ寒いので、5月からが本格的なオンシーズンですが。

足元から気分を変えていこうということで今日はソックスの紹介です。
Team Dream Bicycling Team "Classic Three Stripe Socks" (White/Red)
2,400円+税

可能な限り最良の素材と国内生産(アメリカ国内)で品質管理をしている、ロサンゼルスのローカルブランド"TEAM DREAM BICYCLING TEAM"。

Can't beat the classics!
オールドスクールなストライプのソックスです。

(High Viz Yellow/Black)

(White/Red)

(White/Navy)

(左) White/Red 、(右) White/Navy
(左) High Viz Yellow/Black、(右) Celeste/Yellow

2,400円+税

ボディはDefeet製となっており、特に耐久性は高い定評があります。
日常的に履いているようなコットン製の靴下と比べ蒸れにくく、速乾性も高いので長時間の着用でも不快感が少ないのが特徴です。

他にもチームドリームのアイテムがたくさんあるので是非チェック。

2018年3月20日火曜日

GIRO SYNTHE MIPS "RADAVIST"

ムーブメントブログは本日もGIROでお送り致します。
こんな限定カラーが入荷してきたら紹介しないワケにはいかないよってワケ。
34,000円+税
※サイズLのみ入荷 

RADAVISTの説明は不要だと思っています。それは見れば理解できると思います。
でもちょっとだけ紹介しちゃいます。
愛すべき自転車やアウトドアを共有し、伝えるためのRADAVIST。
なぜ立ち止まってカメラを構えるのか?
それは最高のシーンを収めるために。でも、"RUBBER SIDE UP!!(転んじゃってもいいよ)"。そんな緩さと親密さが溢れているのがRADAVISTの良い所だと思います。


ちなみにこの動物はなんだろう?
ホ「ねずみ?」
タ「ハイエナじゃないっすか?」
と答えが出なかったので、RADAVISTのジョンに確認をしてもらったところ
"ジャッカル"とのことでした。
(尻尾長くない??)
実は2016年のChriskingグルメセンチュリー足助にも来ていて綺麗な写真を沢山アップしてくれていました。
その時には気さくにTritonの写真も撮ってくれました。

RADAVIST ロゴ。 




RADAVISTらしい土臭さを感じさせる色使いが良いですねぇ。
日本人の頭でも合いやすいLサイズのみ入荷となりました。
お買い求めは店頭またはWEBSHOPにて!