2018年2月25日日曜日

MISSION WORK SHOP BACKPACK

MADE IN USAにこだわり続けるバッグブランド "MISSION WORK SHOP(ミッションワークショップ)"
最初のデザインからプロトタイプ、そして実際の製造まで全てアメリカ国内で行い自分達の目の届く範囲に置くことで品質管理をしております。

"CHROME"のオリジナルメンバーが設立した事もあり、メッセンジャーカルチャーに密接しており耐久性、防水性、デザイン性の高さからサイクリストからデイリーユーザーまでに愛されているブランドです。


そんなミッションワークショップのMOVEMENTの推しバッグは、軽量なタイプのTHE FITZROY(40L)、THE SANCTION(20L)、 THE FRACTION(14L)の3種類です。


THE RAMBLER

容量を自在に変えることが出来る高い拡張性が特徴の"THE RAMBLER"、"THE VANDAL" は、ミッションワークショップのアイコンでもあり、MOVEMENTでも問合せも多い人気モデルです。
機構も多く耐久性もあるのでタフに使えるメリットもありますが、少し重いのがネックになります。(THE VANDALで約2kg)
重さのあるバッグはバッグ自体の重量で疲れてしまうという経験からMOVEMENTではあまり在庫しておりません。


それではここからMOVEMENTの推しバッグを紹介していきます。

THE FITZROY (フィッツロイ)

THE FITZROY 31,000円+税

40Lの容量がありながらメーカー表記1.5kgと軽量となっております。実際に計ると約1.3kgと表記よりも少し軽かったです。(個体差があるかもしれませんが。)


2~3泊ぐらいできる容量です。遠征や出張にもよいのではないでしょうか。

THE SANCTION (サンクション)

THE SANCTION 28,000円+税

20Lとデイリーユースに1番使い易いサイズです。実重量は約1.1kgでした



THE FRACTION (フラクション)

THE FRACTION 26,000円+税

14Lと必要最低限の荷物+αの容量です。ちょっとした買い物や、脱いだ上着などを入れるのにピッタリなサイズ感です。小さいだけあって一番軽く、実重量は約1.0kgでした。


厚みも薄いので邪魔になりにくく使い易いモデルです。

- - -

最後に、今回ご紹介した3種類共通のスペックは下記になります。

これらはデイリーユースを目的とした防水の高いバックパックです。
あらゆる天候を想定し、ウレタンコーティングの止水ジッパー、耐水素材を使用し、悪天候でも、高い耐水性を実現しています。

内部は背負い心地を向上するためフレームシートを採用し、区画(仕切り)を多く備え、荷物を整理して持ち運ぶことが可能です。
大きなポケットは17インチの MacBook Pro、13インチの MacBook Air、あるいは iPad のようなガジェット類の収納にも適しています。

背面は内部のフレームシートでしっかりとホールドし、オプションのウエストベルト(Vandal Deluxe Waist belt)と併用して使用することにより、抜群のフィット感を体感できます。

MISSION WORK SHOP WEBSHOPはコチラ

0 件のコメント:

コメントを投稿