2018年1月8日月曜日

SAUCE CX on the go.

こんにちは、高橋です。
ご挨拶が少し遅くなりましたが、どうぞ本年もよろしくお願いします。

そして新年第一発目のシクロクロスは「希望が丘」。
どうやら"SAUCE CX"のメンバーが暴れまくってくれたようです。


今季からシクロクロスデビュー、野辺山C3で優勝した「ゴン」

既にC2で残留を決めている「サンフジ」
東海CX第3戦の新城C4で2位、昇格を決めた「イッペー」
そしてこの希望が丘、ひたすらC2で苦渋を舐め続けた「タケチン」がついに優勝。
3位や4位が多く、いつ昇格してもおかしくないと言われながらもなかなか届かない昇格・・・。
レース後にはいつもムーブメントに寄ってレースの報告をしてくれるのですが、今回ばかりは嬉しそうな様子でした。優勝、C1昇格おめでとうタケチン!!

- - - - 

メンズの活躍もとても喜ばしいのですが、この日もうひとつ喜ばしいことがありました。
「ゴン」と同じくSAUCE CXで今年からシクロクロスデビューした「カナ」が優勝したと速報が入りました。
まさかのデビューは台風直撃の豪雨。
いきなりこんなハードなレースでCXが嫌になったりしないかな?と不安に思っていました。
低体温でリタイアも出たという極寒、泥のマキノ高原。
暖かそうに見えても体感温度は0度に近かったらしい琵琶湖マイアミ。

普段はロードバイクに乗る彼女も、似ているようで全く異なるシクロクロスという乗り物に苦戦しながらも諦める様子は微塵も見せません。
シャイなのか、クールなのか、闘志はあまり表には出さないタイプですが内にはかなり秘めているのかも知れません。年末の烏丸半島では早くも3位の表彰台に立ちました。

そして今回の希望が丘。  
優勝。

大人しい彼女がこんなに嬉しそうな顔を見せるのはやっぱりそれまでの頑張りがあったからかも知れません。頑張りが実った瞬間はやっぱり嬉しいですよね!
おめでとう!

そして彼女が乗るフレームも昨秋に出来たばかりの彼女のためのオーダーフレーム。
EXTARPROTON (エクタープロトン) シクロクロス

女性が乗りやすいフレームってどんなフレームだろう。色々と考えながら出来上がりました。
男性と比べれば身長が低く、体重も軽い。

となればフレームは軽い方が良いし、地面のデコボコをいなしてくれるような細いチューブの方が良いかな、などなど考えて細くて軽いフレームチューブでオーダーメイド。
 ブレーキは泥はけよりも、軽い力で引けて制動力の高いミニVブレーキ。
メーカー品も確かに優れているのですが、サイズの問題で厳しかったり女性のバイクの選択肢はかなり限られています。

最新技術で作られたものは当然良いのですが、それが乗る本人に上手く合わなければ本来の性能は発揮できなかったりします。
こうやって結果として現れてくれるとバイクを作った僕らもとても嬉しくなりますね!
もちろん、バイク以上に彼女自身の努力が一番大きいのですが。笑
SAUCE CXにとってすごくフィーバーした1日でした!優勝したお二人ともおめでとうございました!

お次は1月14日の「関西シクロクロス 堺」です。
この日は僕とホリさんも参加するためお店は臨時休業となります。
お時間のある方は暖かい格好で是非観戦に起こし下さい!場所などわからなければお気軽にお聞き下さい。

それではまた来週!
(カメラマンの皆さんも良い写真をたくさんありがとうございます!)

0 件のコメント:

コメントを投稿