2017年11月21日火曜日

SWIFT INDUSTRIES "Paloma ハンドルバーバッグ"

出来上がった製品を見てビビっと来た「SWIFT INDUSTRIES」。
今日はハンドルバーに取り付けるバッグを紹介します。
29,800円+税

ワシントン州シアトルでパニアバッグやツーリングバッグを手作りしている"スウィフトインダストリーズ"のハンドルバーバッグ"PALOMA"です。

車で行けば楽なキャンピングでも、僕らはなぜバイシクルキャンピングを選択してしまうのでしょうか。聞いたことのある言葉の中で一番腑に落ちた言葉は「人間は唯一苦労を楽しむことのできる生き物である」。
風や太陽を浴びて、道の斜面に「あー、しんどい」とボヤきながらも、それらはキャンピングのための最高のスパイスになることを僕らは知っています。
同じ景色を眺めるとしても、自転車のペダルを漕いで辿り着いた景色は格別なのです。

そんでもって今日はそんなツーリングに便利なハンドルバッグ!
横幅も約28cmほどでほとんどのドロップハンドルで取り付けすることができます。ちなみにマウントは22.2mm〜31.8mmとなっています。

ハンドルバッグの人気には目を張るものがある今日この頃。このパロマの仕様をチェックしていきましょう。
バッグの上部はクリアポケット。ツーリングの定番では地図を入れるのに重宝します。
現代版ならGoogleMapあたりになるのでしょうか?笑
内容量は6Lとなっていて、最近人気の丸型タイプよりも大きく内容量を備えています。

表地にはタフなコーデュラナイロンを使用、裏地は防水性の高いX-PACナイロン素材を用いた仕様なので雨でも荷物が濡れる心配がありません。

個人的にはやっぱりこの箱型のバッグが使いやすいよなと思います。

そしてとても便利な部分は取り付け方法です。

RIXEN & KAUL社のKlickfixアタッチメントで取り付ける形になっていて、そのマウントも付属しています。
ラック不要なので今すぐにバイクにバッグが取り付けできるのが嬉しいですね。
KlickFixはワンタッチでバッグの取り外しができるので、ちょっとした持ち運びにも便利です。
デッドスペースになりがちなハンドル周辺ですが、マウントでしっかりと取り付けできるので安心です。ちなみにリクセンカウルのKlickFixの耐荷重は約7kgとなっています。
リクセンカウル互換なので追加でアタッチメントを他のバイクにも取り付けておけば、気軽にバッグのシェアもできます。
雰囲気的にツーリングだけでなく日常的に使っても可愛らしいデザインなので、用途は選ばず使うことができそうですね。良いですね~。

SwiftIndustriesを大阪でお探しの方はいつでもご相談下さい。

今回ご紹介したPalomaはwebshopでも販売しております。


Swift Industries Flickr , Picssr

0 件のコメント:

コメントを投稿