2017年8月12日土曜日

EXTARPROTON ラグレス スローピングフレーム

SAUCEのフレームが目を引く今日この頃な弊店ですが、自分の欲しい形や用途、スタイルや雰囲気にある程度のイメージがある方にはフルオーダーという選択があります。
大阪「EXTAR PROTON(エクタープロトン)」を納車しました。
オーダー当初はシマノ6800アルテグラで組み付けの予定でしたが、納期のタイミングもありR8000アルテグラという新型で組み上げることができました。(結果オーライ?)


ギアの組み合わせはフロント50-34T、リア11-30Tというワイドレシオ。
コンパクトクランクにリア30Tという軽いギア、新型のショートゲージのリアディレイラーはキャパシティ内に収まるようになったのでホビーサイクリストには嬉しいですね。
これで「足をついてしまう」という坂の恐怖から開放されるでしょう。
サドルにはBROOKS CAMBIUM C13。
カンビウムの中でカーボンレールを採用した軽さにもこだわったモデル。

同じくBROOKS CAMBIUMのバーテープを巻きました。
このコットン生地が伸びないので非常に巻くのが難しい(バーテープ難しいランキングTOP3に入る)バーテープです。巻くのは難しいですが、見た目はとても良いですね。
更に下地にEVAフォームのバーテープが巻かれているので見た目以上に快適なバーテープです。

余談ですが、このバーテープはショップで巻いてもらうことをオススメします。笑
ムーブメントでは2,200円の工賃となっていますが、ご自身で巻いてみればそれがとても安いと感じて頂けるでしょう。
IRC FORMULA PRO TUBELESS X-GUARD 700x25c
Knog "Oi ベル" 
カラーリングは「こんなブルーで作りたい」という見本のもと、かなり近いと思える色合いで再現できているように思います。フルオーダーだからこそ出来るリクエスト。 
チュービングはヘッド、トップ、ダウンチューブの3本をオーバーサイズのパイプで製作しています。  
フロントフォークは安定感と快適性に定評があるクロモリフォーク。
ヘッドはオーバーサイズでオーダーしているので、ゆくゆくはカーボンフォークに差し替えて楽しむことも想定済みとなっています。
オーダーを頂いた際に、「このぐらいのスローピングで作りたい」と緩やかなスローピングへのこだわりを持ってご注文を頂いたフレームでした。
乗り味は硬すぎないけど気持ちよく走れる程々の硬さにて仕上げてあります。

大阪府外、岐阜という遠方からオーダーを頂きましてありがとうございました。
新しいバイクとともにサイクリングを楽しんで貰えたら嬉しいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿