2017年7月22日土曜日

臨時休業のお知らせ

明日7/23(日)は関西トラックフェスタ at 岸和田に参加のため臨時休業となります。
ご不便をおかけしますがよろしくお願い致します。

お暇な方は是非会場へ!

SAUCE "Triton" Yellow

嬉しいことに、また1台のトリトンが旅立っていきました。(遅くなってスイマセン!)

初のイエローでした。
もし黄色のトリトンを組み上げるならこんな感じでまとめたいな、っていう願望があったんですがかなり理想に近い雰囲気で仕上げてくれました。
SAUCE "Triton" XSサイズ / YELLOW / Wired仕様

溶接が綺麗なおかげなのか「カーボンですか?」、
はたまたSevenのフォークを見て「チタンですか?」なんて質問を受けたりしますが
Tritonはスチール(クロモリ)のロードレーサーです。

いわゆる"ラグメッキ"で"ホリゾンタル"なクロモリフレームとは少し違う
モダンなスチールレーサーに仕上がっています。

レーサーだから乗り味は硬め?答えはNo。
長い時間のライディングでも疲れが残りにくいクロモリらしさを十分に活かしたフレームです。
クロモリフレームとしてはかなり軽い部類に仕上がっているフレームなので、
多くの人から「クロモリフレームのイメージが変わった」と声が挙がってきています。


CHRISKINGのヘッドセットはBLACKの"SOTTO VOCE"。
現代はテーパーヘッドが主流になりましたが、クロモリの場合は1-1/8インチで十分な安定感があります。
太くするほど重量増というデメリットもあるため、トリトンはオーバーサイズで収めています。
サイズに関わらず、バイクの安定感はフォーク性能にかかってきます。

カスタムでチタンフレームを作っている「Seven Cycle」が自分達のフレーム用に製造しているカーボンフォークを分けてもらい、サイズ毎にオフセットの異なるフォークを採用して最適化されたジオメトリーを実現できています。
※XSサイズのみシートクランプではなくシートピンタイプとなっています。
最後に「黄色」についてのちいさなこだわり。

黄色って難しいなとよく思います。トリトンのイエローはマスタードイエローに近いですが、詳しく言うとキャメルイエロー。
今の時代で言ったらルノーのF1がイメージに近いかも。

各カラー、スポーツカーやレーシングカーがモチーフなので”オンロード”が良く似合うと思います。
日本中に張り巡らされたオンロードを気持ちよく泳ぎ回ってもらえたらいいなと想いを馳せています。
BLUE
GREEN
RED
GRAY

and PINK,ORANGE.
SAUCE "Triton" XSサイズ / YELLOW / Wired仕様
Frameset 270,000円(税込)
(フレーム、seven 5eフォーク、CHRISKINGヘッドセット付き)
built by K.Hashiguchi (from EXTARPROTON)
size:XS,S,M,L,XL
7-Colors
オプション:Di2,eTap他

official web【SAUCE CYCLE

2017年7月18日火曜日

FUJI "Ballad R" クロモリロードバイク

こんにちは、高橋です。
お待ち頂いている作業をこなす日々を送っていますが、ふと最近のブログを振り返ってみると「初心者向けの車体を紹介していない!」という事実に気づきました。
スポーツバイク初めての方からディープな玄人まで楽しんでもらえるお店でありたいと思っています。
ということで本日は"10万円以下で買えるロードバイク"の中で人気の1台をご紹介です。

FUJI "Ballad R" (Dark Silver) 
Size:XS(49cm) ※推奨身長160~170cm
85,000円+税

FUJIが誇るアーバンクロモリバイクの決定版バラッド。ドロップハンドル仕様のクラシカルでノスタルジックな佇まいは、ヴィンテージと見紛うほどの重厚感があります。
シマノCLARISをWレバーで駆動させ、オールドテイストながらキビキビとしたスポーツ走行をこなすところがポイントです。
サイズはXXS~XLまで6サイズ展開で、女性にもちょうど良いサイズの選択が可能となっています。 
ヴィンテージバイクと同じく細身の"スレッドステム"。 
変速はケーブルがスッキリと収まり、トラブルの少ない"ダブルレバー"タイプ。

もしハンドルから手を離さず変速したいという方にはこんなカスタムも可能です。 
ホイールはシルバーポリッシュ仕上げが美しく、タイヤはクラシックカーの雰囲気を彷彿とさせるホワイトサイドのタイヤです。 
自転車の顔とも言われるクランクはSUGINO(スギノ)のシルバークランクが入ります。

Ballad R (Navy)

店頭には先のDark SilverとこのNavyの2台の在庫がございます。

・FUJI Ballad R (Dark Silver) サイズ:XS-49cm 適応身長160~170cm
・FUJI Ballad R (Navy) サイズ:XXS-43cm 適応身長155~163cm

既にどちらのカラーもメーカー在庫が無くなっているので探している方がいるかと思います。
そして8/31までこちらの2台を夏休み応援価格にて販売中です。この機会に是非!

2017年7月17日月曜日

OAKLEY "LATCH" ヴァレンティーノロッシ

24,000円+税

7月も半ばになり、いよいよ日差しも厳しくなってきました。と言ってもまだ梅雨明けの報告は聞いていないような?

目から感じる暑さはかなりあるそうで、眩しい日にはサングラスをつけるだけで暑さを多少緩和することができます。日本人の目は日差しに強いと言われていますが、近年の紫外線量はそうも言ってられなそうです。
Oakleyさん(@oakley)がシェアした投稿 -
今回ご紹介の「ラッチ」はオートバイのロードレース界のチャンピオンである「ヴァレンティーノ・ロッシ」のシグネイチャーモデルです。
こちらは浪速のロッシです。嘘です。

ラッチの着用イメージです。

LATCHの特徴といえば"クリップ"でシャツやポケットを挟んで掴めるところです。


どうでしょう。わかりましたか?

サングラスを使っていない時に落としてしまうことが多いこと。そんな悲しい出来事を減らしてくれるサングラスです。ホールド力は思っているより強いので簡単には落ちません。

マットブラックのフレームに、ロッシのイメージカラーのイエローが挿し色に。
レンズにはValentino Rossi 46のマーキングも入っており、付属のポーチも特別なデザインのものになっています。

ファンの方もそうでない方も是非!
また紹介する予定ですが、PRIZMレンズタイプのLATCHも入荷しています。店頭にてぜひご試着下さい。


2017年7月16日日曜日

Cinelli展示会行ってきました。2018

先日はカンパニョーロのテクニカルセミナーを受けた後、Cinelli(チネリ)の展示会へ行くというなんだかイタリアンな1日でした。(夕飯は餃子でしたが。)

シンゴも参加してきた関西トラックフェスタも盛り上がっているみたいで、ピスト熱が再燃しそうな今日この頃。
トラックでかっ飛ばしてもらいたいフレームがございました。
クロモリフレームにカーボンフォークの"VIGORELLI" 130,000円+税
2015年レッド・フック・クリテリウムチャンピオン"Team Cinelli Chrome"と共同開発したフレームです。

そして新たにアルミフレームの"VIGORELLI Alu"が登場しました。 105,000円+税
爽快感のあるホワイトをベースに"Cinell Chrome"カラーをセンス良く落とし込んだカラーリング。
その存在感が超絶かっこ良かったので在庫します。見たらきっと欲しくなりますよ!
ブレーキ穴も有るのでブレーキを取り付けて街でも走ることが可能です。
誰かバッチバチに組んで下さい!11月入荷予定。

フレームから組むと言ってもどうしたら分らないし早く乗りたい!って方はこちら。
TIPO PISTA (アッシュズ・トゥ・アッシュズ) 105,000円+税
Cinelliらしいデザインのアルミフレームのピストです。完成車でお求め安い価格なのも魅力です。
こちらも仕入れましたのでお楽しみに。

2018年は、NEWカラーのパープルも登場します!

クロモリが好きなんだ!って方は、引き続きGazzetaもございますのでご安心を。
Gazzeta 130,000円+税
待望のフレームセットも登場します。価格60,000円+税

今回個人的にプッシュしたいのがこれ。
TUTT 90,000円+税
最大40mmのタイヤまで履けるシングルスピードフレームは、TUTTO(全て)と言う名前の通り1台あれば街乗りからオフロード、そしてオンロードでもギュンギュン行けるバイクを組むことができます。
MASH WORKの色違いと思いきやジオメトリーも違い、少し乗りやすい感じになったと思います。
こちらも11月入荷予定です。

ロードバイクも取り扱いを始めます。
アルミロードのEXPERIENCEのTiagla完成車が登場します。139,000円+税
カラー:スーパーソニック・グレー

カラー:ブラック三ダーストーム
こちらは来年1月予定です。

駆け足でご紹介しましたが入荷までしばしお待ち下さい。
またご予約も承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。


そして、メーカー在庫も完売したCinelli Mash Work。
もったいぶってあんまり宣伝してなかったのですが、SサイズとMサイズ各1本づつ、MOVEMENTに在庫がございます。
118,000円+税
希少になりつつあるCinelli MASHシリーズです。無くなる前に是非。

2017年7月15日土曜日

MONK BICYCLE

ドイツのハルツ山地のふもとにある"MONK BICYCLE" 
その環境で毎日テストし開発された
"モンクバイシクル"の提案する "ドロップバー・マウンテンバイク" フレームは様々な地形や用途に最適になっております。
ブランドコンセプト通りに組んでもいいし、フラットバーでもいいし、エアボリュームのあるスリックタイヤを履かせてツーリング仕様にしてもいいし、妄想が膨らむフレームです。

タイミング良く、必要としている遊び方にマッチングしているとご成約頂きました。

ドロップバーでシマノのMTBコンポを使うのにピッタリな"GevenalleのGX2"を採用。

基本コンポーネントは、シマノXT(M8000シリーズ)でまとめ、ホイールもXTハブとVelocity(ベロシティ)BLUNT SSリムで手組みさせて頂きました。
このリム軽くていい感じです。個人的に次のMTB用ホイールのリムはこれにしようと考えております。

頻繁にメンテナンスがしにくいヘッドとBBは壊れにくい丈夫なものをと、PhilWoodを選んで頂きました。
回転も滑らかです。またポリッシュも良いアクセントにもなって美しいですね。

後々着けるラックを仮止めしたときにケーブルが干渉したので少し細工を。
アイレットも豊富でキャリアを着けた冒険バイクやフェンダーを着けて毎日の足にしても良いですね。

早速、オーナー様から写真を頂きました。楽しそうですね。

Sサイズが1本、店頭在庫ございます。

・S for 26" wheels* – body height from 167 to 174 cm**
・198,000円(税別)
通常のマウンテンバイクタイヤ用に作られていて、前に2.4インチ、後に2.3インチが可能です。さらに、泥除けのためのスペースがあります。
27.5インチのホイールも受け入れますが、泥除けのクリアランスはありません。タイヤのクリアランスは、27.5インチのホイールを使用すると、フロントで2.25インチ、リアで2.1インチに制限されています。

詳しくは店頭まで!

2017年7月13日木曜日

QUOCPHAM NIGHT のフィッティング

先日、サイクリングシューズQUOC PHAM(クオック・ファム)のQuoc氏が、シューズの開発に至る考えや正しいフィッティング方法などを伝えにMOVEMENTにやって来ました。


そのエレガントな見た目は誰もが欲しくなるロードシューズ"NIGHT"

QUOC PHAMはイギリス生まれの数少ないシューズブランドの1つで(他に無いかも)、そのイギリスではよくナイトレースが行なわれるらしいのですが(レースと言ってもロードバイクを楽しく(意味深)乗るための遊びのようなもの。)、それが"NIGHT"のネーミングの由来だと聞きました。

以前のエントリーにも書いておりますが、"NIGHT"は長く履いても快適で疲れにくいサイクリングを楽しむシューズをコンセプトに作られております。

はずかしながら今回知ったのですが、中はシームレス構造で足に縫い目が当たって痛いという事も無く、より快適なフィット感をもたらす構造となております。

カーボンソールより "しなる" カーボンコンポジット(カーボン複合素材)のソールを採用。
ヒールも交換可能でデリバリーも開始されております。

フィッティングについて。
見事に機能とデザインを融合させアクセントにもなっている "Lock-Lace system" と言うダブルホール。

シューズを履き足の甲にある"Lock-Lace system"部の紐をグッと引っ張ります。

手を離しても紐が固定されここで一旦フィット感を調整できます。

そのまま紐を上まで締めていき、最後に足首の"Lock-Lace system"部の紐を同様にグッと引っ張ります。

手を放しても緩みにくいのでゆっくり紐を縛ることができ、ライド中緩む事もありません。

縛った紐はループに通せばチェーンに絡まる事もございません。

むくみも考えてつま先部は1cmほど隙間を空けるのがQUOC PHAM的フィッティングです。

最後に嬉しいお知らせ。
近々交換用シューレースが登場します。
いちいちセンスが良いQuoc氏に脱帽です。

QUOC PHAMに興味のある方は、是非のシューズのフィッティングにお越し下さい。