2017年6月19日月曜日

BIKEHAND チェーンツール"ミニ"

どうもこんにちは、高橋です。
6月はなかなか作業に追われる日々でなかなかブログが更新できていなくてすみません。
良い時期が来たので珍しくツール(工具)を紹介したいと思います。
BIKEHAND "携帯チェーンリンク工具"
1,000円+税

今までミッシングリンクタイプのチェーンリンクを付け外しする工具は色々ありましたが、見てくださいこの小ささ!手の平サイズとはまさにこのこと。
タイヤレバー並みのサイズ感で携帯性が抜群に高いチェーンリンクツールです。
※長さのカットには別でチェーンカッターは必要です。
チェーンリンクとはいわゆる"チェーンピン"を使わないタイプのもので、取り付けが簡単なので失敗をまずしないため初心者にも優しい構造です。

外すときはエイヤ!と握りこんだらバコっと外れます。
逆に取り付けるときは外に開きます。新品は硬いのでツールがあると助かります。
ちなみに11速タイプは使いまわしはダメと言われていて、何度も付け外しはできないのでご注意下さい。 
シマノ "SM-CN900-11 クイックリンク" 2セット入り
1,000円+税

シマノチェーンを語りつくすには少し時間がいるほど色々な経緯(歴史)がありましたが、今月末からついに11速チェーンがチェーンリンクタイプになります。名前は「QUICK LINK」。ちなみにミッシングリンクはKMCの名称です。

ということで、シマノ、SRAM、KMCと同じようなタイプになりました。他にも似たようなタイプはありますが割愛。 
チェーンピンだと繋ぐ向きを間違えれば外れるトラブルになりやすかったり、締め込み過ぎるとうまく動かなくなったりとホームメカニックには難しいポイントだったと思います。
チェーンリンクなら引っ掛けて嵌めるだけなので簡単かつトラブルが激減するので良いですね。

ちなみに新しいチェーンに使い古したリンクを取り付けてトラブルになっている人がたまにいるので、ケチらずちゃんとチェーンと同じタイミングで交換しましょう。

そして今まで無かったナイスアイディア。穴とマグネットが埋め込まれています。
そこにはなんとリンクが収納できるようになってます。
コレは良い!

* * *
そこまで出番が多いわけじゃないけど、有った方が嬉しいのがこの工具。高い精度が求められるところではないですし、お手ごろな価格なので1本買っておくと良いでしょう。
これがあれば女性でも簡単にチェーンの交換ができちゃうと思います。

出先のトラブル用に持つのも良いですし、遠征用のツールセットにも忍ばせたいところです。

チェーンも段数が多くなるにつれて寿命が短くなっている印象です。
昔と同じ感覚で使っていてチェーンがガタガタになってる方は多いので、こまめなチェーン交換をオススメします。

それでも自分でやるのは怖い、面倒くさいって方はもちろん店頭にて承ります!
<<<参考・チェーン交換>>>
・通常チェーン交換 1,200円+tax
・チェーン交換+WAKO'Sオイル処理 2,000円+tax
・チェーン交換+スプロケット、プーリー、チェーンリング清掃 5,000円+tax (要予約)
※各チェーン代は別途

2017年6月16日金曜日

CADENCEバイクアクセサリー到着と業務連絡

元MASHクルーのダスティンがプロデュースするブランド"Cadence"からバイクアクセサリーが到着しました。

デザインだけでなく耐久性も高く触感も良いのでMOVEMENTでも人気のバーテープ。
欠品でしばらく入荷しませんでしたが、新作と一緒に再入荷しました。
各3,900円+税


Bicycle Studio MOVEMENTさん(@movement_cycle)がシェアした投稿 -

丁度本日、新作を巻かせて頂きました。いい感じ!

これも完売で欠品中だったトップキャップ。

愛車のドレスアップにいかがでしょうか?

なんだかハッピーな柄とクールなストライプ柄のサイクルキャップも新作。

ソックスはクールマックス配合でドライに保ちます。


単体でもいいけど、キャップと合わせるといい感じ。

Cadenceコレクションでバイクも自身もかっこよくしませんか?

その他のアイテムはコチラ
MOVEMENT WEBSHOP >CADENCE


※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 


臨時休業のお知らせ。

明日6月17日(土)は大切な用事がございますので臨時休業とさせて頂きます。
明後日6月18日(日)は通常営業致します。(12時~19時まで)

ご不備おかけ致しますがご了承下さい。

2017年6月12日月曜日

ABUS ブレードロックBORDOシリーズがお求め安くなりました。

ヨーロッパNo.1ロックブランドと言われるABUS。
材質から選びテストし品質にこだわった鍵を作り続けて90年のブランドです。



さて、今回ABUSの高いセキュリティレベルとコンパクトを両立したブレードロックBORDO(ボルドー)シリーズがお求め安くなりました。

丈夫で携帯性、デザイン性が高いので気になるけど、価格の壁で購入するに至らなかった方も多いと思います。そのせいでなかなか普及モデルに達成しなかったモデルですが、代理店の努力もありメーカーとの値下げ交渉が成立したようです。


U-GRIP BORDO 5700 9,030円(税別)→5,400円(税別)


6本のブレードを繋ぎあわせ80cmと使いやすいサイズと重量を実現。



ボトルケージ用のダボに取り着けることができるケースが付属しており、スマートに車載できます。
また、ボトルケージダボがないピストなどの自転車にも車載できるようにケースはストラップでも着ける事も可能なので、スペースがあればトップチューブやシートポストなどにも車載することができます。



BORDO LITE6050 12,600円(税別)→7,400円(税別)

BORDOシリーズはセキュリティーは高いものの重さがネックです。
そんな要望に応じて軽量モデルが登場しました。
ちなみに重さは650g(メーカー表記)ですが、実際に計ってみると552gでした。(本体のみケース無し) この重さならまあ持っても良いかなと思うレベルです。


5㎜のSteel Barをプラスチックでコーティングしている。
接合部は、Bordo6000シリーズ同様ヒンジ部に負担がかからないような設計になっている。


こちらも車載ケースが付属しており、U-GRIP BORDO 570と同様にスマートに車載できます。


しっかりした鍵は高価になりますが車体を盗まれる損失よりはマシだと思って使って頂きたいです。苦楽を共にした思い出が詰まった自転車が無くなった事を想像するとゾッとしませんか?

とは言ってもABUSはホントに豊富なラインナップがありますので、TPOに合わせてお選び下さい。
店頭には他にも置いておりますのでよろしくお願いします。

2017年6月9日金曜日

"ORNOT" Safety Process Socks

ソックス屋さんと言われてしまう程にたくさんのソックスを置いているので紹介しきれていないので、ちょっとずつ紹介していきたいと思います。
まずはこちらから。
アメリカ、サンフランシスコの"ORNOT(オアノット)"のソックスです。

「もうそろそろ帰ろうか。それか、もうちょっと走る?(...or not?)」
そんな日常会話から名づけられたであろうブランドネームが良い感じ。ライドをたくさん楽しんでいるからこそ出てくるネーミングだろうなと思います。






個人的にはブルーが良い色なのでオススメです。パープルも大人な雰囲気があって良いですね。
これらはある分で売り切りなので買い逃しなきようお願いします。

2017年6月8日木曜日

その感覚は昔から知っていた

こんにちは、高橋です。
ホリさんが紹介した"bike2sauna"のエントリーに続いて僕も少しお話しておきたいと思います。もう少しお付き合い下さい。 
「折角のバイクイベントだし、全部走って行くか」と思い立ったのが木曜日の夜で、すぐにホテルを予約した。後には引けない。
金曜日は普通の営業日なので20時まで仕事。閉店作業とか諸々して21時前くらいに出発する。風が強くて肌寒かったけど道は単調なので迷わず着くことができた。
京都らしいオシャンティーなカプセルホテル(3000円)にチェックインしたのが23時半頃。大体想定の時間で着いた。ブロックタイヤにしてはちょっと飛ばしすぎたかも知れない。良い練習になった。うん。 
道中で夜ごはんを食べるつもりだったけど、結局決め切れずチェックイン後に食べようと決めて深夜0時のラーメンをキメる。週末の京都三条は思ってた以上に賑わっていた。 
折角なので1杯だけビールを嗜んだ。知らない土地で一人で飲み屋に入るのはまだ少し緊張する。自分だけのDay0はこれにて完了。


 修学旅行生もたくさんいる京都を横目にしながら集合場所に無事到着。
フランス人のニコルも興味を持ってくれてロードバイクで参加してくれました。
今回の僕の主な仕事はコースのアテンド。舗装路ルートを担当して道案内でした。
 事前に滝があることをチェックしていたので、休憩がてらちょっとした散策に。




ゴールまであと少し。
沢の池に着いたらテントサウナの設営と森林食堂のカレーの準備が進められていて準備万端。
サウナにするか、ビールにするか、かれーにするか。僕はまずカレーとビールから頂いた。
まずサウナから始めた人たち。
もんじゃ氏の話では、「息せき切って走り、汗腺が開いた状態でサウナに入ると、より早くサウナは"ととのう"」とのことだった。先にカレーを選んだ僕は体験の機会を逃してしまった。
「ととのう」
誰しもが同じようなイメージを持ったことがあると思うのだけど、むさくるしいおっさん達がわざわざ蒸し暑い部屋に密集して何が楽しいのだろうか、と。
その辺りの偏見やサウナの楽しみ方の詳しい解説はタナカカツキ氏が分かりやすく語っているので是非読んでみてください。

サウナ、水風呂と繰り返して気持ち良い状態になったことをサウナ用語で"ととのう"と言う。今回の大事なポイントで、Bike2saunaはテントサウナ式の屋外だということ。ただ寝そべるだけでも気持ちいい池の畔(ほとり)を、ととのった状態で寝そべることができる。
そよ風と木陰と、集まった皆のゆるやかな空気感は最高に気持ちが良いのだ。気持ちよくなって寝てしまう人がほとんどだった程に。
この"ととのう"感覚。僕は知っていたのだ。それはもう結構昔から。

タナカカツキ氏の言葉をそのまま紹介すると、こう。
「一言で言うならば、血行を強制的に促進させる行為なわけです。
サウナでグワーーーーッと血管を開き、水風呂でキュキュッと閉じる。この時、血が脳に酸素をどんどんどんどん運んでいく。脳に酸素が充分行き渡れば、気持ちよくなってあたりまえなんですね。」
-サ道 Vol.6より

自転車のレースを走りながら、これでもかというぐらい、時には死ぬんじゃないかと思うぐらい心臓を酷使する。心拍数180(/分)近くを1時間ぐらいキープしていたレースもある。血管が開くなんてもんじゃない、台風直後の河川の勢いで血が流れていくのを感じる。

もし僕のレースを観に来てくれたことがあるのなら少なくとも1回は見たことがあるかもしれないゴール後のこれ。


身体を酷使して血管を最大限まで広げて走り切ったあとの瞬間。
気持ちとしては足で立っていることが辛いから足を楽にさせるために寝転ぶのだが、キツい状態から開放される瞬間である。酸欠だった脳に酸素が満たされてくる。

比較してしまうのはナンセンスだが、しかしこの瞬間のニルヴァーナはサウナにも勝る。もしそこに水風呂があれば気持ち良さで死んでしまうかもしれない。
じゃあ皆レースやれば良いじゃん、とも思うんだけど、普通の人はそこまで自分を追い込むことが出来ない。本当は誰でも出来るはずだけど、出来るようになるまでが難しいから途中で止めてしまう。だからこそのアスリートの凄さだと思うし、僕よりも更に追い込んでいる人たちが沢山いるのだから世界は広い。

そういった体験するのが難しい開放状態を"気軽に体感できるサウナ"に誰もが中毒的になってしまう。(自分を含めて)1線を退いてもレースを楽しんでいる人たちも同様だと思う。
そしてこれだけは伝えておかなければいけないのは"テントサウナ"ということ。

静かな森で蒸気を浴びる。透き通る湖でクーリング。
やさしい風を大きく吸い込む。すべての感覚を呼び戻す。
火を見つめる。石に水をかける。友人や家族と語らう。

屋外の爽やかな空気と開放感は普段のサウナと一味違う。是非一度味わって欲しい。

熱を入れ、クーリングし、開放されて芝に寝転ぶ。
その感覚を僕はレースやスポーツという世界で知っていて、だから今も止めることができずに続けているのかも知れない。

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
・Tent Sauna Party Facebook page 
※次回のテントサウナパーティは6/24~25とのこと。要チェック!第2回めのBike2Saunaは少しお待ち下さい。


RAL-LIFE "BIKE2SAUNA" by もんじゃ

sho414 Tumblr byシガ君

2017年6月6日火曜日

Bike2sauna meeting 京都

Bike2sauna meeting 京都

よく考えると自転車xサウナという少しコアな層向けなイベントだったけど約30人の方にご参加頂きました。

テントサウナとは簡単に言うと移動式屋外型サウナです。
サウナ用テントの中でストーブを焚き、その上に置いたサウナストーンと呼ばれる溶岩石を熱しテント内の温度を上げます。熱されたサウナストーンに水をかけると水蒸気が発生してさらに温度が上がります。フィンランドに伝わるサウナ風呂の入浴法の一つである"ロウリュ"も楽しめるのです。移動式と言えど水風呂があってのサウナなので場所の条件として池や湖、川など天然の水風呂が必須。

サウナ好きが高じて不定期開催で行なわれるTentsaunapartyに出会い何度か参加していたのですが、この新しいアウトドアと言っても過言ではないテントサウナは、自転車と相性がよいのではないかと言うのが発端でした。それに加えてキャンプもできればバイクツーリング(パッキング)も楽しめると言う魂胆です。

場所さえ見つかればやろうと考えていたのですが、Tentsaunapartyが京都の沢ノ池で開催した時(僕は不参加でしたが)”場所はここだ”と決めました。と同時にその日、オタハウは単独でbike2sauna#0を決行していたのでした。

京都の秘境”沢ノ池” 
市内からのアクセスも良いのでハイカーやサイクリストも多く、テントサウナに必要な天然の水風呂(池)もある最高の立地。ボランティアの方がゴミ拾いもされていて、この環境を地域で維持しているんだなぁと思いつつ感謝しながら利用させて頂きました。

今回bike2saunaを開催するにあたってアドバザーとしてotakuhouse(オタハウ)に手伝って頂きました。
貢献度を意識した彼のブログ面白いですよ。blog:otakuhouse


集合場所の仁和寺 
最初集合場所を駅にしているとオタハウ先生にナンセンスだと怒られたのですが、京都らしくお寺にして正解でした。



ライドについて
目的地を設定して自由に来てもらう感じにしましたが、担ぎありとパスハンティングコースとノーマルコースも設定して2手に分かれて沢ノ池に向かいます。
パスハンティングコースはオタハウ、ノーマルコースはシンゴがアテンド。

パスハントコースは極上のトレイル(←言いたいだけ)、ノーマルコースといえどほぼ登りですが歩いてもいいし、どんな自転車でもちょっと頑張ればゴールできる成功体験が味わえると言うのがミソなんです。


そのころ僕はというと、今回設営班にまわったのでテントサウナを暖めて皆の到着を待つのですが、ケータイが圏外なのでライド班の様子も伺えず歯がゆい気持ちでした。


そうこうしているとライド班が到着。



”自由に来てもらう” と ”2つのコース設定” が良かったのか、ロード、ミニベロ、fixed、MTB、クロス、ママチャリ、そしてラン、いろんなスタイルを見る事ができました。

で、空腹のところ森林食堂のカレーは我慢してもらって先にテントサウナに入ってもらいます。
なぜならサウナ後の方がごはんが美味しいからです!

サイクルジャージでサウナに入るって不思議な感じ。




この光景を見て何をしているのか分らないないと思うけど、みんな多幸感に満たされているというのは分ると思います。
さっきも言ったようにケータイも圏外で強制的にSNSに束縛されない環境とサウナにより、沢ノ池がユートピアと化したのです。

もう直ぐ国に帰っちゃう留学生のニコラは、日本でできる限り楽しみたいと参加してくれました。

大自然の中でサウナを楽しむと簡単にワンネスを感じることができるのです。
これをサウナ用語で”ととのう”と言うのです。

結果としてライド後一発目のサウナが最高だったと言う貴重な意見も頂きました。
心も身体も良い状態だったのかもしれません。

それぞれの時間を過ごし、日が暮れる前に焚き火をおこします。

焚き火と共に燃え上がるカンファレンス。これが有意義ないい時間なんです。
人の楽しいと言う感覚はベクトルは違えど”好奇心”に尽きるのかなと感じた時間だった。
そしてそれぞれの思いと共に就寝につくのでした。

翌朝

早朝サウナのためにオーバーナイトしたと言っても過言ではありません。
朝の澄んだ空気と冷えた池が最高に気持ちが良い。

体が”ととのった”ところで終了。

”Bike2sauna meeting 京都” 正直手ごたえを感じたので即次回開催地を考えながら家路に着くのでした。

最後に、ご協力頂いたTentsaunaparty、アドバイザー、アテンダーとして手伝ってくれたotakuhouse、森林食堂、参加者のみなさま、ありがとうございました。

photo thanks : モンジャ、シガちゃん