2016年12月19日月曜日

SAUCE CYCLES "Greedy"


シクロクロスもロードも楽しみたいけど複数の自転車を所有するのは難しいと言う声をよく頂きます。
"できるだけ興味があることには挑戦してもらいたい"という思いで設計したのが"Greedy"です。

大阪は深井にガレージを構えるCORNERBIKESのフレームビルダー寒川氏により、1本1本丁寧にビルディングされたフレームは、東京のCOOKPAINTにで塗装されます。

5色より選べるカラーはマスプロメーカーではあまり見かけない甲乙付けがたい絶妙なカラーリングを考えました。
アジャスタブルエンドにより、タイヤのサイズに合わせてチェーンステー長を405~422mmの範囲で変更できます。



例えば、CXバイクに細いロードタイヤを履かせた場合、長いホイールベース、特にチェーンステイの長さによってロードバイクのような軽快感が出ないものです。対してGreedyはアジャスタブルエンドの採用によって、チェーンステイを縮める事でロードバイクらしいシャキッとした漕ぎだしの軽い走りになってくれるのです。





反対にチェーンステイを延ばせばオフロードタイヤを履かせる事も可能で、オフロード走行でも充分なクリアランスを確保することができます。
(写真は WTB CROSSBOSS 700x35C)




Sauceさん(@saucecycle)が投稿した写真 -
また豊富なアイレットでフェンダーやキャリアを取り付けて普段使いのコミューターから、キャンプツーリングバイクに変身する"欲張り"なフレームです。

シングルスピード化も安易で、その際は付属のシングルスピード用ドロップアウトを使用するとでスッキリしたシルエットになります。

frame&fork set 198,000円(税込)
size:S,M,L
built by s.soukawa (CORNER BIKES)
Made in Osaka japan
5-Colors
付属品:ディレイラーハンガー用ドロップアウト、シングルスピード用ドロップアウト
チェーンステイ(mm):405~422
タイヤクリアランス:35c
ディスクローターサイズ:フロント160mm、リア140mm

飽きることなく姿を変えて乗り続けることができるフレームになるでしょう。





0 件のコメント:

コメントを投稿