2016年9月3日土曜日

GIRO 2017 ニューモデル TECHLACE

少し前にGIROの2017モデルの展示会がありました。
シューズ、ヘルメット、その他アイテムとそれぞれにニューモデルがあり、ワクワクしながら説明を聞いておりました。
GIRO "FACTOR TECHLACE" (White/Black)
39,800円+tax

完全新型の"ファクター テックレース"が今回のユーロバイクから発表になり、SNSでも話題を呼んでいます。情報が解禁になったので、早速ブログアップさせて頂きます!
紐(レース)式で一世を風靡した"エンパイア"シリーズで培った経験を元に設計されたニューシューズ。

BOAのダイアルを採用し、フィット感を保ちつつ足首部分の締め付けを迅速に行えるようになりました。
そこから指先に向かっていく部分にはヒモ式を採用して、今までのエンパイアと同様に足にフィットする締め付け感を実現した形になっています。

全体的に包み込むようなフィット感を持たせながら、エンパイアシリーズのウィークポイントである微調整や脱ぎ履きの手間を改善したタイプのシューズになっています。
TECHLACEの中身ですが、ヒモの先端をベルクロに連結させることで「ヒモを結ぶ」という手間を省き、引っ張るだけで締め付けを調整することができるようになっています。

レース(紐)の長さは特殊になっているので、この部分は今後カラー含めて展開されていくのではないかと予想しています。
FACTOR TECHLACE (Black)

ソールはEASTON EC90SLX2カーボンソールで軽く硬い踏み心地を持っているのでパワフルに乗る人に最高のパフォーマンスを発揮してくれます。
ちなみにクリートを留めるナット部分はスチール製となっています。エンパイアSLXはチタン製、これ豆知識。
アッパー素材はTeijinのPremium Evofiber SL Breathable マイクロファイバー。長い!柔らかく通気性を持った優れた素材です。
FACTOR TECHLACE (Vermillion/Black)

ファクターが発売されましたが、エンパイアSLXも継続して販売されます。
実用性を高めたファクター、軽さとフィット感を重視する人のためのエンパイアが2トップとして展開されていきます。

と思ってた所で、世界最軽量(だと思われる)シューズが発表されました。
それぞれのデザイン、用途で選んでもらえるので吟味してみて下さい。
GIRO "SENTRIE TECHLACE"
32,000円+tax

ファクターの弟分にあたるモデルも発売となりました。
同様のBOAダイアル+ヒモxベルクロの固定方法になっています。アッパーの生地やアウトソールを変更することで価格を抑えた廉価タイプです。
こちらはブラック、ホワイト、ハイライトイエローの3色展開。

このグレードはEC90ではなく、EC70というグレードのカーボンアウトソールになっています。
比べるとこちらの方が少し柔らかめとなっていて、シリアスなレーサーでなければロングライド等においてEC70の方が踏み心地として快適に乗ることができます。
硬すぎると疲れるという意見もあるので、その辺りは好みと慣れが大事な部分になってきます。

他にもシューズの新色の情報などがありますが、まずは"新型TECHLACE"のご紹介でした。
"HRc TEAM ソックス"
2,600円+tax

着圧機能も備えたジロの一押しソックスです。

"CINDER MIPS"

あまり情報が出ていませんが、ヘルメットの安全性を高める"MIPS"を設計段階から取り込んで開発された新型ヘルメットです。
価格も22,000円と求めやすい普及モデルとなっています。
この辺りはまた近々紹介していきたいと思います。

今日はここまで!

0 件のコメント:

コメントを投稿