2016年9月13日火曜日

リペイント&オーバーホール

2010年に国内限定100台で発売されたFUJI×TOMATO Low-Pro。
メンテナンス&カスタムしながら約6年乗り続けました。今見てもかっこいいですね~。

少し長い休暇をもらえるとのことでその期間にオーバーホールして欲しいとピットイン。
ついでにリフレッシュがてらのリペイントと毎日の足だからBBを耐久性のあるPilwoodに交換とご依頼をうけました。


PHILWOOD square taper bottom bracket 16,800円+税
PHILWOOD bottom bracket mounting rings(ステンレス) 4,800円+税
この美しい造り、全く見えないのにこのポリッシュ仕上げにロゴの墨入れ。


PHILWOODのBBは、BB単体だけでは取り付けできません。
"マウントリング"が必要で、丈夫なステンレス製(4,800円+税)と軽量なアルミ製(5,800円+税)がございます。今回は丈夫なものをということでステンレスを選択しました。あとステンレスタイプのみになりますがイタリアン(5,500円+税)もございます。※詳しくは店頭で。
また、取り付けには専用工具が必要です。



じつは今回の車体、後輪がコースターブレーキ&2速内装ハブにカスタムしております。
オーバーホールのご依頼なのでハブの中も見せて頂きました。


各部清掃して消耗品は取り替え、塗装から上がってきたフレームに組み付けて完成。


Low-Proのフレームはフレーム/フォークともにクロモリ製なのでリーズナブルで強い球体ペイントのパウダーペイントにしました。
マスタードイエローにマットオプション、夏の背中汗対策でライザーバー&ラックも取り付けていたのでイメージがガラッとかわりました。

ご依頼お待ちしております!

0 件のコメント:

コメントを投稿