2016年6月10日金曜日

The Batmobile "KOGA A-Limited"

Inside me, I am more.

自転車に乗っている瞬間というのは不思議なもので、日常とはちょっと違った感情が湧いてくるんですよね。
手も足も地面から離れ、自転車を介して自分は少し浮いているような状態。
自転車に跨り、漕ぎ始めたその瞬間から僕らは非日常と呼べる何かを感じることができるのです。

(気持ちが浮きすぎて事故してしまう方もいるのでくれぐれも安全走行に気を遣って下さい。)

KOGA "A-Limited"  frameset 149,800円(税別)
Color:Night Chrome

春からのレース用にと1台オーダーを頂きました。オランダのコガ社の人気フレームAリミテッドです。
 
Aリミテッドはフレームセットで販売している貴重なアルミフレームです。

カーボンフレームが全盛となり、オーダーのスチールの人気も高まっている中でアルミフレームの立ち位置は狭まってきたようにも思います。
安価なカーボンフレームが増えるほどその立ち位置は狭まっていきますが、解っている人たちはそれに手を出さずスチールあるいはこういったハイエンドアルミフレームを選んでいると思います。

アルミフレームにも重くて頑丈なモデルから薄くて軽く作られたモデルまで様々あります。
コガはレーシングバイクとしてA-Limitedを作り、カーボンやクロモリのようなしなやかさを目指した走りに振るのではなく、あくまでアルミらしさを活かした味付けのフレームとしています。

アルミからカーボンに乗り換えたときに「ん?ちょっと加速がもさっとしている?」と感じたことがあります。その感触から、一瞬の硬さはアルミの方が良いのだと思ったのでした。
Aリミテッドのように硬質なアルミフレームに乗ると、ダッシュの鋭さだけならばカーボンをも上回っていると僕は思います。クリテリウムを始めとしたレースシーンには求められる要素ではないでしょうか。

逆にあまりに車体全体が硬いと跳ねてしまうのですが、リアは縦にしなり路面へ吸い付くように薄型のシートステー形状になっていて流石だなってポイントです。

レーシングバイクとして十分満足できる性能を持ちながら、10万円台という安価なフレームセットはガシガシレースを走る人にとってバッチリと需要と供給がマッチするフレームだと思います。

ヒルクライムなら軽量なカーボンフレームが欲しいし、ロングライド重視なら優しさのあるクロモリフレームが良いしとそれぞれ素材ごとに得意とする要素が異なっています。
それぞれの良さを理解した上で選択することが自転車選びでは大事だと思います。
KOGAはレーサー以外からはマイナーなブランドかな~とも思いますが、モノはかなり良いのでムーブメントでもオープンして間もない時から販売を続けています。
気になる方は是非ご相談下さい♪

= = =

そしてこのバイクを買った彼は実業団登録して、ガンガンレースへとチャレンジしている最中です。活躍が楽しみです!

Yousaku Jinnoさん(@yousakujnn)が投稿した写真 -


0 件のコメント:

コメントを投稿