2016年3月25日金曜日

FUJI TRANSONIC SL 2016 組み付け納車!

水曜日は「Rapha Prestige KAMIKATSU 合同練習会」を走ってきました。
と言っても、僕はホリさんたちを時間差で追いかける形でちょっと飛ばし気味なペースで。
今年から実業団登録をする若い選手に引きずられながら、
ハンガーノックに陥りながらなんとか辿り着いた高野山。
標高も900mを超え、関西サイクリストもちょっと気合が要るところ。

その日は気温が18度まで上がるということで薄着だったのですが、
さすがに体感温度は10度を下回っていたように思います。笑

凍えながら帰路につきましたが、充実したライドを楽しむことができました。
ホリさんの本番はいかに!?

* * *

前置きが長くなりましたが、本日は組み付け納車のご紹介です!
FUJI "TRANSONIC SL" 2016
フレームセット 25万円(税別)

FUJIが現在打ち出しているエアロロードはオールランド性能を持ったエアロバイク。
エアロ感を強く意識しながらも、
薄いフレームにありがちな強く踏んだらたわみ過ぎるような弱さはありません。

フレームセットで販売される"SL"は、完成車とは使用されているカーボンが異なり
より硬く、軽い乗り味になっています。

綺麗なペダリングができているうちは柔らかいフレームでも進むのですが、
疲労でフォームが暴れてただ踏むばかりなシチュエーションになると
そのしっかりとした硬さが活きて自転車を前に進ませます。

ブレーキは前後ダイレクトマウントブレーキ。
ヘッドチューブのケーブルの所はちょっとしたカスタムを加えています。

トランソニックの使いやすいポイントのひとつはリアブレーキ。
ダイレクトマウントブレーキと言えばBB裏に付いていることが多いのですが、
シートステーに取り付けられています。
おかげでブレーキパッドの交換が簡単に行えます。

それとそのままの組み付けではどうもリアのブレーキの動きが渋かったので、
ここもちょっとひと工夫して組み付けしてスムーズな仕上がりに。

少しでも空気の乱れを抑えるべく、シートチューブはホイールに沿う形。 


クランクは(旧デザインですが)ROTORクランク+楕円チェーンリング。

そして気になるのはBB。
PF30という規格ですが・・・ 
安心して下さい!入ってます!
(Chrisking)
既に実戦で使ってその走りの良さに満足なコメントを頂きました。
ありがとうございました!

FUJIの車体、フレームのご相談お待ちしております!

0 件のコメント:

コメントを投稿