2015年10月16日金曜日

EXTAR PROTON ラグメッキ仕様

こちらも今年納車した1台のエクタープロトンです。
クロモリらしいラグメッキ仕様!

こちらはRapha Prestige Nisekoへの参加に合わせてオーダー頂きました。

先日発売された「クロモリロードバイクの本」の反響もあって、
最近はお問い合わせも増えてきました。

大阪のローカルビルダーとして一部で名の知れた腕のあるビルダー橋口氏。
ブログや本での露出が増えたことで全国区へと知名度が広がりつつあります。 
ストレートフォーク、ベンドフォークにはそれぞれメリットデメリットがあります。

ベンドフォークには安定感と振動吸収性があるので、
基本的にはこちらをオススメしています。 
懐かしいチョイオールドカンパ。

ステムはスレッド式。 
中身が10速化されたRECORD。 

カンパのチタンシートポストは垂涎もの・・・。 
ブラックのボディペイントにロゴもブラックで統一してあります。
一瞬「ん?どこの?」っとなると思うので、じっくりチェックしてみて下さい。
(出会う機会があれば!)

バイクは実際に使ってみて「良いですね~」とコメントを頂きました。
"クロモリ"という素材でひとくくりにされがちですが、
クロモリにもピンからキリまで乗り味には差があるものです。

ビルダーによっても作るバイクの乗り味や雰囲気も変わってきます!
大切なのは"惹かれるもの"がそこにあるかどうか。
そもそも知らなければ興味も持たない世界だと思いますが、
知ってみれば一歩踏み込んだ楽しさが待ってます!

* * *

大阪は遠い!近くに扱ってるショップがあればいいのにな~
という方のためにちょっと面白い事を考え中です。
また発表したいと思います!

0 件のコメント:

コメントを投稿