2015年3月12日木曜日

WHITE INDUSTRIES Crank

アメリカはカリフォルニアのコンポーネントメーカー「WHITE INDUSTRIES」
今回はクランクについてお話します。
「WHITE INDUSTRIES」のクランクには、ENOクランクとVBCクランクと2種類ございます。

左:ENO 右:VBC

見ての通りENOは横幅も厚みもVBCクランクより太く、より頑丈な造りになっております。
MTBや日常使いのコミューターに使われる事が多いです。
※もっと言うとQファクターも広くなるように設計されています。

VBCクランクは軽量でその細身のシルエットは
クロモリロードバイクやラグフレームのバイクにもよく似合います。

そしてそれらに合わすチェーンリングも
シングル用のENOチェーンリング、多段用のVBCチェーンリングと2種類あります。

ENOクランクxENOチェーンリング(シングルスピード)
VBCクランク×VBCチェーンリング

この様な合わせ方がスタンダードです。
しかし「WHITE INDUSTRIES」は独自のシステムで、
互いのクランク、チェーンリングに互換性を持たせました。

このようにVBCクランクにENOチェーンリングを合わす事も可能です。
速そうなシングルスピードバイクになりそうでしょ!
個人的に好きな組み合わせ。

ポリッシュクランクにブラックチェーンリングの2トーンもカッコイイ。

チェーンリングは4500円~6500円(税別)と割とお求めやすく、
P.C.Dも関係ないシステムなのでノーマルの歯数やコンパクトの歯数でも
クランクを1セット持っておけば色々楽しめますよ!
※バッシュガード付きチェーンリングは8000円(税別)~

そういえば今年のNAHBSでナローワイドチェーンリングが発表されておりましたね。

ぐふふ。

WEBSHOPでもお求め頂けます。

0 件のコメント:

コメントを投稿