2015年2月26日木曜日

Velocity A23 x CHRISKING Custom rear wheel

また1本カスタムホイールを納品しました!

Velocity by sauce wheel works!
今回はリアのみでのご依頼です。
スポーク数は少なめで24Hという仕様にしました。
なぜリアだけなのかと言いますと、このホイールに合わせるため。
(※ここだけの話、もし欲しい方が居ましたらご連絡下さい!)

見た目を揃えてリムも近いシルバーポリッシュのA23OCをチョイス。
走ってる時にホイールが同様に見えるように色味をなるべく統一しています。

今回、上り坂やスプリントでスパッと気持ちよく進むリアホイールに仕上げました。
走るコースプロフィールによってリアを入れ替えて使う作戦です。 

ハブにはCHRISKINGのR45シルバーを使いました。
キング独自のドライブシステムによるギアの掛かりの良さには定評があります!

体重over70kgなオーナー様は、
今までカーボンホイールの完組みやアルミ完組と使ってきた経緯があります。
そりゃ当然カーボンの方が軽いはずなんですが、
「○○よりコッチの方が上りでいつもより調子良く上れた」とのコメント。

反則ホイールですよ(笑)とまで言っていただける好感触だったようで、
気持ちを込めて組んだ甲斐があるってもんです!

ハブやリムの選択に始まり、スポークの選択からテンション調整によって
乗り味が変幻自在なのが手組みホイールの良さだと思います。

技術が上がってくると、
どうしても完成度の高さに行き着いてしまって似た乗り味になりがちなのですが、
ユーザーの特徴や乗り方にあったものを提供することが僕らの目指す所です。

ありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿