2015年2月20日金曜日

Narrow-Wide 色々

シクロクロスでのフロント1枚×多段仕様で瞬く間に普及した 
Narrow-Wide(ナローワイド) チェーンリング。
※Narrow-Wideとは薄歯と厚歯を組み合わせることでチェーンの脱落がしにくい構造。

国内ではその信頼性でWOLFTOOTH(ウルフトゥース)が人気の様ですが、
各種メーカーも参入してきております。

試しに仕入れてみました。
台湾メーカーのFORMOSAのリングです。
今回はMTB用にと30Tをご用意しました。

歯はこんな感じ

チェーンリングボルト用穴には直接タップが切っており、
ナット無しでクランクに取り付ける事ができます。

端数の少ないチェーンリングは、クランクアームがチェーンに干渉し
ナローワイドの効果を発揮しない場合がありますが、オフセットしており干渉する事がありません。

国内流通は4アーム用しかなかったRACEFACEのナローワイドリングですが
昨年の秋の展示会で注文していた5アーム用(PCD110)がやっと入荷しました。
WOLFTOOTH(ウルフトゥース)より歯がとがっているのが特徴です。
これはチェーン離れが良く漕ぎは軽そうな気がします。
※検証はしていないのであくまでも予想です。

各種いろいろございますがTPOに合わせてどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿