2014年4月6日日曜日

Sunrise cycles ”エロモン號”

記憶に新しい先日のNAHBS2014で初出展したSunrise cycles
2014_NAHBS_sunrise_bikes
bikeradar記事では「ショーの中最も印象的なバイクの一つ」と取り上げられたり、
Gizmag のNAHBS 特集の表紙に使われたりと
しっかり爪あとを残してくた日本人ビルダーの一人です。

そんなSunrise cyclesとWork Shop Monkeyのコラボフレーム
通称 ”エロモン號”がMOVEMENTにやってきました!

2年前の秋ヶ瀬の森バイクロアに出展されていたSunrise cyclesの
レームに一目惚れしたオーナーさんがついにその手に入れる事になりました!

Work Shop Monkeyさんの知る人ぞ知る名フレーム"モンキー"を
ジオメトリーは98号をベースに27.5仕様にし、Sunrise cyclesテイストを加えた逸品です。

テーパードコラムで剛性アップ
"猿"ヘッドマークの上にSunrise cyclesヘッドバッジを被せた正にコラボレーション。

ワイヤーガイドもオリジナル

ガセットにも一工夫

美しいエンドはSunrise cyclesの"S"の字

ブリッジもオリジナル


クランプもSALSAのクイックとのコラボレーション
フレームを作るさいに小物は購入した既製品を使用するビルダーがほとんどですが、
ここまでふんだんにオリジナル小物を使用するフレームビルダーは数少ないと思います。

仕事が丁寧で美しいフィレット仕上げ。

Sunrise cycles ステンレスのロゴ

塗装を剥がしたら誰が作ったフレーム分らないものもある中で、
一目でSunrise cycles製だと分る特別感はきっと満足されると思います。
Sunrise cyclesの今年の目標は「フレーム小物 総オリジナル化」だそうですが、
僕は、NAHBSの様子を見ていて気付いておりましたよ!


P3215875
Raphaジェントルマンレースで筆下ろしされる 予定の某氏が乗る
この赤いフレームもカッコイイ!

それにしてもよくここまで造り込んだな~と感心するばかりであります。
Sunrise cyclesは、自分の中であーしたいこーしたいというわがままを具現化してくれるブランドだと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿