2014年1月22日水曜日

CK freaks.

まだ記憶に新しい作業も気がつけば約2月ほど前。
今までに見たことのない、スナップリングが無くなった状態でした。

すぐさまスモールパーツのみで注文できるか問い合わせると
「注文できる」と返事をもらってホっと一息でした。

1ヶ月も待たずしてスモールパーツは無事に届き、
作業を終えることができました。

"ノーメンテでOK"と言われるほどしっかりした
ヘッドパーツやBB、ハブをつくるクリスキングですが、
さすがにメンテナンスは必要です。

でもそのメンテナンス(グリスアップ)が前提に作られているのもクリスキング。
他のBBだと、なかなかそうはいきません。

店頭でBBをさわったことのある人なら知っているかと思いますが、
新品未使用状態のBBの回転は決して軽いとは言えません。
それで「あっ、こんなもんか」と思うのはまだ早い。

グリスの保持やゴミの浸入を防ぐためのシールがそこには有り、
形が馴染んでいないため初期は重いと感じます。

100~400kmほど使用すれば形が馴染み、
回転はどんどん軽くなっていきます。
半年から1年経てば初期のグリスは抜けてくるはずなので、
オーバーホールのタイミングです。

馴染みの出たBBに新しいグリス。
軽い回転がそこにあります。
と、前置きが長くなりましたがCHRISKINGのBB取り付けの紹介です。 
安くて高耐久と人気のシマノBBから 
CKのBBに交換しました。
本国にわずかに在庫していたブラウンを取り寄せて頂きました。
中身はセラミックベアリング。

決め手は知り合いの"破壊神が壊さないBB"だからとのことでした。

ちなみにステン球でも十二分にオススメです。
是非!

CHRISKING
Threaded Bottom Brackets
Shimano Road,MTB 17,000円(税別)
Sram Road,MTB 18,500円(税別)

Ceramic Bearings
Shimano Road,MTB 24,500円(税別)
Sram Road,MTB 26,000円(税別)

BB交換工賃 3,600円(税込)

0 件のコメント:

コメントを投稿