2013年10月16日水曜日

GIROシューズ2014

ヘルメット、シューズは周知されていると思いますが、
ソックス、グローブ、
ウェア、その他アクセサリー。
こんなにも熱いGIROなのに、なぜ日本に入ってこないのか。
本国サイトのラインナップと日本のラインナップの差には涙するばかり。

輸入代理という形の仕事が成り立っているのであれば、
並行輸入などはせず、なるべく任せたい気持ちがあります。

しばらく今後の展開を見守っていきたいと思います。
とまぁ、日本に入ってくるものも十分に良い物なので順番に紹介していきます!
EMPIRE ACC 35,000yen(税抜)

お待ちかねの"エンパイア"が新型になりました。
その名もエンパイアACC。

EASTON "ADVANCED CARBON COMPASITE" SOLES

ソールが新しくなりました。
エンパイアACC、PROLIGHT SLX II、FACTOR ACCの3モデルが新ソールとなり
今まで換えることのできなかったヒール部分の交換が可能になりました。

よく歩いてしまう僕のようなタイプには朗報です!
White/Black

MatteBlack/HighlightYellow

MatteBlack/GlossBlack

MatteBlack/FlourescentOrange

以上、4色展開。

PROLIGHT SLX II 41,000yen(税抜)

エンパイアがトップグレードだと勘違いされがちでありますが、
実はコイツがトップモデル。
重量も片足205gとラインナップ中最軽量を誇ります。
(ちなみにエンパイアは215g)

なんとなく新ソールはボリュームが増えたように思います。気のせい?
軽さにこだわったプロライトSLXはナットまでチタン製。
これはプロライトSLXとSLX IIのみの仕様です。
おそらくヒール部分も・・・。
(他モデルはステンレスの様子でした。)
FlourescentOrange/Black

今までのアッパーはTEIJINのマイクロファイバーでしたが、
新しく"EVOFIBER"というものになっています。

メッシュとマイクロファイバーの長所をひとつにまとめ、
撥水性と通気性の良さを1枚の生地にしたもの。

余計な裁縫やメッシュパネルも省くことができたため
軽さ、快適さ、耐久性も大幅に上がっているそうです。

速乾性があるので雨での使用後もすぐに乾いてくれるのが嬉しいですね。

+ + +

ちょっと紹介しきれない感じなのでお次はアーバン系のシューズへ。
REPUBLIC 18,500yen(税抜)
Black/Gray
リパブリックは歩道でもトレイルでも快適に履くことのできるSPDタイプのシューズです。
しなやかなマイクロファイバーのアッパー、
ナイロンソールも余計な硬さが無いのでシリアスではないライドには最適でしょう。
カーボンソールの硬さに泣いたことのある人もいるのでは?

そしてグリップ力のあるウォーキングパッド、
歩くことの多いツーリングなどに活躍してくれるはずです。
ロードシューズでズルッと滑ることとはオサラバです。
CIVILA 18,500yen(税抜)

同じくリパブリック、、ではなくシビラ。
簡単に言うとリパブリックの女性用モデルです。
リパブリックは4色展開ですが、こちらは1カラーの展開です。

サイズが37~42まで(ハーフサイズ無し)の展開となっています。
人によっては男性でも履けますね。
僕も26.5cmで42サイズを履いているので履けてしまいます。笑 
これならほぼスニーカー感覚でビンディングシューズを履くことができます。
このタイプのシューズは男性よりも女性の方が需要が高そうですね?

+ + +
GIROのシューズ、
来年の入荷予定なので、目星をつけるなら今のうちかもしれません。

何故なら、例のごとく沢山入ってくるとは思えないので・・・。

本日の展示会情報でした。
つづく・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿