2013年9月29日日曜日

IRA and TONY’S "BREADWINNER CYCLES"

ご縁があって今回組ませて頂いたのでご紹介をば。

ウェアで有名なRaphaは4車種のコラボレーションバイクを用意しています。
その中の"Continental"と名づけられたバイクを作っているのが
Ira Ryan と Tony Perreiraの二名です。

彼らはポートランドのビルダーですが、ライダーとしても有名です。
ライダー故に、過酷な走行状況も想定することができ、
コンディションを問わずにノンストップで走れるフレームを作るといいます。
二人とも自身のブランドを持っていて、
ランドナー、ロードバイク、CXバイク、マウンテンからツーリング、FIXEDまで
ジャンルを問わずフレームビルドを行っています。
TonyはMTB好きの根っからのサイクリスト、
Iraは元メッセンジャーと、共通して走ることが根底に根付いています。
そして新しく打ち出されたWネームのブランドが"BREAD WINNER"です。

今年からデビューしたブレッドウィナーはNAHBSに出展していました。
BIKE RUMORでもNAHBS出展の様子が書かれています。
マコトパイセンの紹介記事もとっても良く分かりやすい。

もっと分かりやすい彼らのバックグラウンドを伝えられればいいのですが、
僕自身、
彼らとは会ったことが無いのでそこまで伝えることができないのが残念です。

ヘッドセット、BBと合わせてハブもCHRISKING。
誠意を込めて組ませて頂きました!

コンポはSRAMの新型FORCE 22。


ブレッドウィナーのロードバイク"LOLO

いろんな走行環境に対してタフな印象が強いけれど、
アメリカンハンドメイドバイクにありがちな
ゴツくて硬いフレームフィーリングとはちょっと異なり、
少し日本のクロモリフレームに近いような"しなやかさ"もある乗り心地でした。
(※日本のクロモリといっても多種多様)
BREAD WINNER "LOLO"

*Web*

ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿