2013年9月23日月曜日

パワートレーニングの世界へようこそ

大阪でもシェアが増えてきた「パワートレーニング」
パワーメーターとして国内で一番使われているであろう
CycleOps社の"PowerTap"の取り扱いを始めました。
ホイールがあります。これはただのホイールです。
バラしました。
これが"パワータップ(旧タイプのPowertapPro)"
こちらが現行モデルのPowertapG3。
ハブ単体、98,000円です。

9,800円ではなく9万8000円です。
当初はホイールセットで15万ほどしていた時期もあるのですが、
かなり安く手に入るようになりました。

そしてハブの中にコンピューターが内蔵されており、
スピード、ケイデンス、パワーと計測することができます。
スピードという要素は、
上りなのか、下りなのか、風の吹き具合ひとつで左右されてしまう数値です。

心拍数は、寝不足や筋肉疲労など
体調ひとつで大きく左右されてしまう指標です。

今日の自分がどれぐらい走れているのか?
それを示してくれる揺ぎ無い指標が"パワー"です。
そのパワータップハブをR500に組み込んでみました。

24Hのハブだったのでリムの選択肢は少なく、
練習用で重く耐久性があり、なおかつ安く、ということでR500に決定!

また今月末頃には耐久性の高いスチール製フリーボディも入荷してきます。
価格は8,500円。

トレーニングで使う人にはぜひとも導入してもらい所です。

* - * - *

ちょっとお堅い感じもしますが、
カルチャー寄りの人もパワトレを始めるそうなのでウチでもご紹介でした。

1 件のコメント:

  1. カルチャー寄りの人ってなんですか?

    それとも特別なトレーニングを積んだヒト用ですか?

    返信削除