2013年1月17日木曜日

風を味方に

Rolf prima

ムーブメントで取り扱いを始めて1年ほど経ちました。
かなり多くの人に認知してもらえたようで、
ロルフどうなの?とよく聞かれるようになりました。

率直な意見ですが、すごく良いです。
VIGOR ALPHA (シマノ10/11速)
125,000円

ロルフの主軸がこのヴィガーアルファ。
ロードやトライアスロンでの使用をメインに開発されています。
アップチャージでロゴのカラー変更も可能。

僕自身の走りのレベルはみなさんが知っての通りですが、
機材に関してはとにかくうるさいです。
ホイールに関しては特にうるさいともっぱらの評判です。(どこで?)

ホイール選びは用途をしっかりと認識することが重要です。
判断基準に悩むという方は、お店まで足を運んでいただけたら
じっくりとご説明させて頂きます!

ロルフの特徴としてまず挙げられるのが
エアロダイナミクスに優れているということです。
スポーク本数が空気抵抗に影響することは
(○●ラボさんを始め)各所での実験によっても明らかです。
ロルフの本国ページをCHROMEで翻訳した画像をそのまま転載します。

M●VICのキシリウムSLと比較したデータを掲載していますね。
上のVIGORαを比較した場合、
40kmの走行で59秒のアドバンテージ、
80kmの走行で2分13秒、180kmで4分26秒と差は拡大していきます。

ちなみに僕の使用している新作のTDF4SLだと更にタイム差が開きます。

僕はそれほど頭の良い人間ではないので、
こういったデータよりは使ったときのフィーリングが結局のところ一番大事です。
まあ、使ってその良さがわかるからこそオススメしているんですけどね。

要点を挙げましょう。
・エアロダイナミクスが素晴らしく良い
・ハブの回転もすごく良い

ハブはアメリカのWhiteIndustriesにカスタムで作ってもらっています。
今年から標準でENDUROのセラミックベアリングになり、
申し分ない回転性能に仕上がっています。

最後に一番多い質問に少しながら回答したいと思います。
"強度とか耐久性どうなの?"
MTBやシクロクロスでも使っているので問題なさそうです。
ホリさんも昨年ずっと使用していましたがトラブル無し。

今週末のシクロクロスで僕も使用する予定です。
使っているとわかりますが、
"壊れそう"なんて気持ちは全く沸いてこないほどしっかりしたホイールです。

壊れるとしたら走行中になにか挟まった時でしょう。笑
その時はどんなホイールでも壊れてしまうでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿