2012年12月2日日曜日

今年最後のエンデューロ

龍野マウンテンバイク協会主催、
「サイクルエンデューロin播磨中央公園」に参加してきました。

タイトルの通り、2012年最後のエンデューロイベントとして参加。
これからは寒いのでシクロクロスメインになると思います。
夜が明ける前に集合し、早朝に現地入り。
とっても寒い。

今回の参加はこんな感じ。
2時間ソロ-高橋
4時間ソロ-K君
4時間チーム-A堀さん組み
4時間チーム-B男女混合組み

計10名の遠足です!
(なかなか寒くて)試走もほどほどに、スタートラインに並びます。
並ぶと同時に降り出す雨。
さすが、雨男が一緒にいるだけあります。
第一走者が走ります。
こちらはA組の現役メッセンジャー!

半パンで走りましたが、寒すぎました。

B組も頑張ります!

B組は体力も考慮して2周交代の作戦。
イケる!と判断したらオマケで追加周回する走りをみせていました。

交代でピットインの時は後続にわかるよう手信号。
さすがです!


Kさんも先日コンポーネントをアップグレードしました。笑

対してA組は4人で4時間なので、1人1時間の役割分担。
こういった作戦の違いは面白いですね。

そしてキャプティンのホリトン出撃。

と、その前に
高橋は2時間のカテゴリーなのでゴール。
最後はスプリント勝負に競り勝って優勝できました!

各カテゴリー中、最も出走が多くて73名の出走。
集団の先頭近辺で飛び出しを繰り返しながら走り、
人数は徐々に減っていき、
最終的にライバルが4~6名ほど残り、
他カテゴリーも合わせて20~30名ほどの集団になっていました。

2時間まで残り20分と聞いたので、「あと3周ぐらいかな」と計算しました。
案の定、1周こなしたところで「2時間の人はあと2周!」
そう聞いたので集中力を高めてラスト2周に望みます。

アタックポイントは途中で既に決めていました。
下りからの急カーブ、上りと続くポイントの上りで仕掛ける、と。

そして最終周、アタック敢行!
上りが終われば平坦、そして下り、ゴールが待っています。
平坦でシルベストの方が一人迫ってきました。
そして下りでほぼ追いつかれる。

最終コーナーを1番手でクリアしてスプリント開始!!
足は攣りながらですが本気でもがく!!
でも、シルベストの人の方が伸びがある!!差された!!!

くっそー!!2位か~~!!
と思った矢先、終盤のラップタイムが早かったのか
その時、約1時間58分。
もう一周走ることに・・・。

気持ちも足も力が入らない・・・。
本当の最後のラップになって数名が先に行ってしまう。
でも周りも疲弊してるのかそれほど速くない。

インナーギアに入れて、坂でくるくるくるくるペダルを回す。
そうすると、なんとか前のグループに追いついた。

ここから仕切りなおし。

再び、アタックポイントの坂に差し掛かる。
今度は2番手。
前にいるのは僕以外で唯一の半パンのレーサー。
アタックこそかけてはいないが、
後続と若干の差が開く。
「いけるよ!!」と声をかけて最後のひと踏ん張り。
そのまま2人が若干先行したまま最後の下りへ。

ツキイチからスプリントで差すのは自分として嫌だ。
ということで下りで踏んで横に並ぶ。
最後のコーナーで半パンライバルがちょっと前に出る。
曲がりきったところでスプリント開始。
足は動かないが良くスピードが伸びたと思う。
そのまま差しきって1位でゴール。

やりました~!(^^)/

終わったのも束の間、まだみんなが走っているので応援に行きます! 
ホリトン出撃!

B組にもエクタープロトン。

A組の最終走者、よろしくお願いします!
こちらもエクタープロトンです。

彼も単独で4時間走り切りました(^^)/
一年前とは見違えるほど成長しています。

そして4時間のみんなもゴール!
おつかれさまでした!

2時間ソロ表彰式。
半パンがワンツーフィニッシュを決めました。笑

このとき、シューズもびしょ濡れで足の感覚が全然ありませんでした。

珍しくチャンピオンジャージも!!
MTB系の主催だけあってジャージもかっこいいですね!

そしてチーム4時間の表彰式!
なんと堀さんチームが3位入賞しました!!

パンクに見舞われた男女混合のBチームも7位、
4時間ソロのK君も6位とそれぞれ健闘しました! 
堀さんはロードで初めての表彰台?
おめでとうございます(^^)

雨のおかげでシクロクロスさながらの汚れ具合。
僕も顔まで真っ黒になりました。笑

自転車も軽く綺麗にしたら撤収です。

寒かったですが、締めくくりとして最高に楽しめたイベントでした。
この楽しさは河川敷をひとりで走っていても味わえません。

自転車を売るのが僕達の仕事ではありますが、
平行して「楽しさを伝える」、「文化を伝える」というのも大事だと思っています。

大変そう、怖そう、
そんな思いもあるかもしれませんが、
一度参加してしまえばそんなものは小さな杞憂だったと思えるはず。

ちょっと長くなってしまいましたが、
まだ参加したことのない方と一緒に楽しめたらいいなと思っています。
少しの勇気でたくさん楽しめます。
ぜひ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿