2012年11月22日木曜日

車輪の選択を

Rolfprimaの最新ホイールが先日届きました。
こちらです。
「TDF4SL」
前後セット 236,000yen

昨年までのTDF38SLが42mmのリムハイトになってマイナーチェンジ。
しかしマイナーチェンジというにはちょっと収まりきらない。
23mmワイドの幅広リムを採用したデルタリムになりました。
このリムが最高なんです。

フロントは14本のスポーク本数。
実測重量は507g。

リアは16本の実測684gです。

まず最初に必ず湧いてくる疑問。
「本当にこのスポーク本数で大丈夫なの~?」

大丈夫です。

それこそ、カーボンホイールを始めとした軽量ホイールは
基本的に扱いがデリケートだと認識して下さい。

それらのホイールで荷物をたくさん積んで世界一周の旅をするのはお門違い。
あくまで速く走るためのホイールになっています。
ハブはホワイトインダストリー製の特製ハブ。
大きな変更点といえばシマノ11速対応になっています。
(シマノ10/11速対応。9速は不対応。)

フリーボディの削りがさらにアグレッシブになりましたね! 
少ないスポーク本数で成り立つのはこのハブ形状によるものなのですが、
反フリー側を大径にし、スポークを短くすることでテンションをかけています。

通常、反フリー側のスポークは仕事をさぼりがちですが、
この構造にすることでそれぞれが100%の仕事を果たします。

さらにベアリングは初期からセラミックベアリング採用です。
思わずニヤけてしまいますね。
オマケと言ってはなんですが、
専用のブレーキパッドとチタンクイックレバー、ホイールバッグも付属してきます。

KOOLSTOP製のパッドを使用してみましたが本当によく止まります。
かといってリムへのダメージも少なそうなので良い感じ。
でもちょっと消耗のペースが早そうです。笑

- - -

と、紹介しましたが実はこれ既に売約済みになっています。
僕がこれから使います!
お財布は寒くなってしまいましたが、それだけの価値がある。

乗り味のインプレも書きたいのですが書きません。。
この性能は自分だけが独り占めしたいのでオススメもしたくありません。
僕はロルフ使うので、みなさんはBORAでも使っていればいいんですよっ!
(ボーラもちゃんと良いホイールですのでご安心を。)

2 件のコメント: