2011年7月16日土曜日

ヘルメットのアレコレ

まいどです!

大阪ではヘルメットをしている人が少なくて若干のカルチャーショックを受けています。。
カッコイイ、かっこ悪いというのは論点がズレています。
(できればカッコイイ方がいいけれど)

原付と同じスピードが出るにも関わらず、自転車はノーヘルメット。
自転車もバイクも車も危険性は同じです。
事故にあったときの被害強度も同じです。

バイクや自転車で転倒および吹き飛ばされてしまったとき、
頭を打つ可能性が高いです。

こんな言葉もあります。
「ヘルメットが無ければ即死だった。」
(どこかの赤い彗星さん・・・)

頭を打つと悲惨です。
ノーヘルメットはクレイジー極まりないのです!

そのため、自分なりにかぶり方をご説明しておきます!

*間違ったかぶり方*
変な顔ですいません。。

わかりますか?ヘルメットの位置が浅いですね。
斜めになっているのもちょっと残念です。


*正しいかぶり方*

これぐらいの深さがちゃんとしたかぶり方だと思います。
意識としては「オン・ザ・眉毛」

眉毛とかぶるくらいだとちょっと深すぎなので、
眉毛よりちょっと上の部分までかぶります。

その位置でかぶると、ヘルメットが頭全体をちゃんと守ってくれるように設計されています。

あとは、アゴひもをきつくなり過ぎない程度に締めること。
ゆるすぎると転倒した際に、ズレて効果をちゃんと発揮できなくなってしまいます。

*着用ヘルメット*
メーカー:LAS (ラス)
モデル:VICTORY (ヴィクトリー)
サイズ:S
カラー:ホワイト
価格:25,200円

0 件のコメント:

コメントを投稿