2011年7月31日日曜日

かってに改蔵

※タイトルと内容は関係ありません。

さてさて、ショウイチ氏が何かを企んでいるようです。
愛車のエクタープロトン(ExtarPROTON)からパーツが外されています。

ある程度までバラしてひと段落したようです。

彼が帰った後にいそいそと更にバラしてみました。

ランバ・ラル「フンッ!バラしが甘いわ!!」

ということでフォークからネジからベアリングまで全部外しました。

そして実測。


フレーム単体1706g。

ほほう(=゚ω゚)

実はとっても加工がされているエンドラグ。

とっても意味有りげなシートチューブ接合部。

クロモリだけどインテグラルです。
ブレーキワイヤーも内臓で。

ヘッドのロゴもポップな感じで大好きです。

実際にさわってみるとパイプもかなり薄めですね。
パイプは薄いけど力の逃げる柔らかさは感じさせません。

これがカイセイ8630の力なんでしょうか。

フレーム単体での実測ができてひとつ収穫でした(^^)

0 件のコメント:

コメントを投稿